« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

アトランティスとゲレーロの前哨戦がスタート

マスカラ・コントラ・マスカラが決定したアトランティスとウルティモ・ゲレーロが3・22アレナ・メヒコのメインでシングルマッチをおこなった。

試合はアトランティス、ゲレーロがアトランティーダを極め合いイーブンに。決勝の3本目にはゲレーロがアトランティスのマスクを剥ぎ、反則負けを取られた。

第3試合では、ビッグショーでのマスカラ戦に敗れたOKUMURA&ナマハゲが登場。ミステリオッソJrとのトリオでストゥーカJr&レイ・コメタ&アンヘル・デ・オロ組と対戦した。試合は素顔にされたナマハゲがマスクをかぶったままでスタート。しかしテクニコサイドがすぐにナマハゲのマスクを剥がしてみせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトランティスとウルティモ・ゲレーロのマスカラ戦が決定

CMLLが3月21日、会見をおこない、アトランティスとウルティモ・ゲレーロのマスカラ・コントラ・マスカラが決定した。日時は発表されなかったものの、9月の80周年記念大会「アニベルサリオ」での実現が確実視されている。

会見では、4・7アレナ・コリセオでの「アレナ・コリセオ70周年記念大会」の概要も発表。ラヨ・デ・ハリスコJr、マスカラ・アニョ2000、レイ・メンドーサJr、ウニベルソ2000、ブラック・テリー、ネグロ・ナバーロ、ビジャノⅣといったレジェンド勢が多数参戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テハノJrとデモンJrが再戦&トリプレマニア21のメインが決定

3・17「レイ・デ・レイジェス」でAAAメガ王座をかけて対戦したテハノJrとブルー・デモンJrがAAA3・29ナウカルパン大会で再戦することになった。

また、6・16メキシコシティーでおこなわれる「トリプレマニア21」のメインが、シベルネティコvsぺロ・アグアヨJrに決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURAとナマハゲが因縁の相手とタッグ結成!?

CMLLのアレナ・プエブラ大会で、テクニコとルードがタッグを組む、トルネオ・インクレイブレ・デ・パレハ・トーナメントが開催される。

ここでは3・15ビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」のメインでおこなわれたマスカラ・コントラ・カベジェラで闘った、ストゥーカJr&レイ・コメタ組とOKUMURA&ナマハゲ組がチームを作ることになった。組み合わせはOKUMURA&レイ・コメタ組とナマハゲ&ストゥーカJr組となる

3・18ではAブロックのトーナメントがおこなわれ、OKUMURA&レイ・コメタ組はマスカラ・ドラダ&プーマ組を破り1回戦を突破。しかし準決勝でアトランティス&ボラドールJr組に敗れ、案のじょう仲間割れをした。

Aブロックの決勝はアトランティス&ボラドールJr組vsラ・ソンブラ&ミステル・アギラ組で、アトランティス組が勝利。3・25でおこなわれるBブロックの勝者と4・1で決勝戦をおこなう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年のレイ・デ・レイジェスが決定

AAAのビッグショー「レイ・デ・レイジェス」が3月17日、モンテレイで開催された。おもな試合結果は以下。

サイコサーカスvsインフィエルノロッカーズは、ロッカーズが勝利。

空位となっていたレイナ・デ・レイナス王座は、ファビー・アパッチェ、マリー・アパッチェ、タヤ・ヴァルキリー、ルフィストの4WAYマッチでおこなわれ、唯一のテクニカであるファビーが生き残りに成功、新王者となった。

AAAメガ選手権試合は、テハノJrがブルー・デモンJrを退け防衛に成功。

ぺロ・アグアヨJrがシベルネティコにカベジェラ戦を要求。シベルが受け入れ、トリプレマニアでの実現が決定的だ。

レイ・デ・レイジェスは各ブロックが6WAYでおこなわれ、エル・メシアス、LAパーク、カネックが決勝進出。Xの正体だったカネックは大会2日前に参戦が発表された。

メインでおこなわれた決勝の3WAYはメシアスがLAパークを破り優勝。2013年のレイ・デ・レイジェスとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラヨ・デ・ハリスコJrが金網から生還

CMLLのビッグショーに特別参戦したラヨ・デ・ハリスコJrが2日後の3月17日、IWRGのナウカルパン大会に出場、マスカラ・アニョ2000Jr、シエン・カラスJr、ピラタ・モルガンとの金網マスカラ・コントラ・カベジェラに臨んだ。

試合は、ラヨが一番乗りで金網から脱出、その後、シエン・カラスJr、マスカラ・アニョ2000Jrとつづき、ピラタ・モルガンが負け残りとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURA&ナマハゲが坊主&素顔に!

CMLLの3・15ビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」、おもな試合結果。

エストレジータvsアマポーラのカベジェラ戦は、エストレジータが勝利。

ラヨ・デ・ハリスコJrとウニベルソ2000が特別出場。ラヨ&ルーシュ&ショッカー組vsウニベルソ&テリブレ&ミステル・ニエブラ組の6人タッグマッチがおこなわれ、ラヨがウニベルソから反則勝ちをおさめた。

トルネオ・パレハス・インクレイブレス・トーナメント決勝戦は、ラ・ソンブラ&ボラドールJr組がアトランティス&ウルティモ・ゲレーロ組を破って優勝。試合後にはアトランティスがゲレーロとの一騎打ちを要求。3・22同所でおこなわれることになりそうだ。

メインはOKUMURA&ナマハゲ組が登場。ストゥーカJr&レイ・コメタ組とマスカラ・コントラ・カベジェラでぶつかった。試合はOKUMURA組が先制するも、最後はコメタがナマハゲから勝利。OKUMURAが坊主となり、ナマハゲはマスクを脱いだ。

ナマハゲの正体は新日本の三上恭祐。キャリア3年の29歳とアナウンスされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラヨ・デ・ハリスコJrが金網マスカラ戦

CMLLのビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」で試合をおこなうラヨ・デ・ハリスコJrが、大会2日後の3月17日、IWRGのナウカルパン大会で金網の中に入ることが決定した。

ラヨは金網マスカラ・コントラ・カベジェラ戦で、マスカラ・アニョ2000Jr、シエン・カラスJr、ピラタ・モルガンとマスクor髪の毛をかけて対戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年のトリプレマニアは6月16日

AAAの年間最大ビッグショー「トリプレマニア21」が6月16日におこなわれることが発表された。

会場は昨年と同じくメキシコシティーのアレナ・シウダ・デ・メヒコで、2年連続の開催となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURA&ナマハゲがメイン「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」全カード

CMLLが3月15日に開催するビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」の全対戦カードが決定した。この大会は、CMLL創始者のサルバドール・ルッタロス・ゴンザレスと、今年はラヨ・デ・ハリスコSrの功績をたたえるもの。ラヨ・デ・ハリスコJrが来場し試合にも登場するが、これを受けてウニベルソ2000もラヨJrと対戦することが決定した。

① デルタ&ゲレーロ・マヤJr&トリトン組vsフェリーノ&プーマ&タイガー

② ラ・マスカラ&マスカラ・ドラダ&バリエンテ組vsアベルノ&メフィスト&エフェスト組

③ カベジェラ・コントラ・カベジェラ エストレジータvsアマポーラ

④ ラヨ・デ・ハリスコJr&ルーシュ&ショッカー組vsウニベルソ2000&テリブレ&ミステル・ニエブラ組

⑤ トルネオ・パレハス・インクレイブレス決勝戦 ラ・ソンブラ&ボラドールJr組vsアトランティス&ウルティモ・ゲレーロ組

⑥ マスカラ・コントラ・カベジェラ ストゥーカJr&レイ・コメタ組vsOKUMURA&ナマハゲ組

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトランティス&ゲレーロ組が決勝進出

CMLLの3・8アレナ・メヒコ大会で、テクニコとルードが組むトルネオ・パレハス・インクレイブレス・トーナメントのBブロックがおこなわれ、アトランティス&ウルティモ・ゲレーロの復活ロス・ゲレーロス・デ・ラ・アトランティーダがルード同士で組んだドラゴン・ロホJr&二エブラ・ロハ組を破って決勝進出を決めた。

アトランティス&ゲレーロ組は、Aブロックを勝ち抜いたラ・ソンブラ&ボラドールJr組と3・15ビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」で激突する。

なお、ヘビー級王座争いを展開したばかりのテリブレとルーシュのコンビは案のじょう仲違いし、1回戦でロホJr組に敗れている。

この日のメインはミスティコ&マスカラ・ドラダ&ラ・ソンブラ組vsネグロ・カサス&アベルノ&メフィスト組で、ミスティコ組が反則勝ちをおさめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカでCMLL世界女子タイトルマッチ開催

3月17日にアメリカ・コロラド州デンバーで開催されるデポルティボ・フアレス・ルチャリブレにCMLLのレスラーが参戦、メインではCMLL世界女子選手権試合、マルセラvsアマポーラがおこなわれる。また、セミではマスカラ・ドラダvsドラゴン・ロホJrのシングルマッチも組まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レイ・デ・レイジェス2013」全カード決定

AAAが3月17日にモンテレイで開催するビッグショー「レイ・デ・レイジェス」の全対戦カードが決定した。

① サイコサーカスvsインフィエルノロッカーズ

② レイ・デ・レイジェス予選 シベルネティコvsエレクトロ・ショックvsシルバー・キングvsトスカーノvsぺロ・アグアヨJrvs未定

③ レイ・デ・レイジェス予選 エル・メシアスvsヘビー・メタルvsラ・パルカvsオクタゴンvsパルカ・ネグラvsペンタゴンJr

④ レイ・デ・レイジェス予選 LAパークvsジャック・エバンスvsドラゴvsチェスマンvsシコシスvs未定

⑤ フベントゥ・ゲレーラvsフェニクスvsクレイジー・ボーイvsダガ

⑥ レイナ・デ・レイナス王座決定戦 ファビー・アパッチェvsマリー・アパッチェvsタヤ・ヴァルキリーvsルフィスト

⑦ AAAメガ選手権試合 <王者>テハノJrvs<挑戦者>ブルー・デモンJr

⑧ レイ・デ・レイジェス決勝戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルー・デモンJrが登場!ビッグショーでタイトル挑戦へ

AAAの3・3サンルイスポトシ大会、おもな試合結果。

テハノJrが「誰の挑戦でも受ける」とアピールし、名乗りを上げたスンビと対戦。AAAメガ王座を余裕の勝利で防衛した。すると試合後、ブルー・デモンJrがサプライズ登場、テハノJrの王座に挑戦することをアピールした。王者は返答を避けたが、ホアキン・ロルダンが3・17「レイ・デ・レイジェス」でのタイトルマッチをアナウンス。デモンJrのAAA参戦が決定した。

AAA世界6人タッグ選手権試合は、サイコサーカスがテハノJr&マスカラ・アニョ2000Jr&アルゴス組を破り防衛に成功。試合後にテハノJr組がサーカスを暴行すると、デモンJrが救出に駆け付けた。

メインはシベルネティコ&エル・メシアス&エレクトロ・ショック組vsぺロ・アグアヨJr&チェスマン&LAパーク組の6人タッグマッチ。最後はテーブルへのチョークスラムでシベルがアグアヨJrからフォールを奪った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エル・アンヘルの正体が明らかに

IWRGの3・3ナウカルパン大会でトラウマⅡvsエル・アンヘルのマスカラ・コントラ・マスカラがおこなわれ、トラウマⅡが勝利、エル・アンヘルがマスクを脱いだ。

アンヘルの正体はオスカル・オマール・プエンテス。キャリア20年の35歳で、AAAに所属し来日経験もあるオスカル・セビージャだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURA&ナマハゲ組が王座奪取でマスカラ&カベジェラに弾み!

CMLLの3・3アレナ・コリセオ大会でアレナ・コリセオタッグ選手権試合がおこなわれ、OKUMURA&ナマハゲ組がストゥーカJr&フエゴ組を破り王座奪取に成功。第3代王者となり、3・15ビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でのマスカラ・コントラ・カベジェラ、ストゥーカJr&レイ・コメタ組戦に弾みをつけた。

OKUMURA組は、前王者の5年近くに及ぶ長期戦権を切り崩しての戴冠となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポルボラが王座防衛

CMLLの3・3グアダラハラ大会でCMLL世界ウエルター級選手権試合がおこなわれ、ポルボラがマスカラ・ドラダを破り、王座防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サント&ビジャノⅣ組vsソリタリオ&ブランコJr組

トド・エキス・エル・トドの3・2アレナ・ロペス・マテオス大会でエル・イホ・デル・サント&ビジャノⅣ組vsイホ・デル・ソリタリオ&アンヘル・ブランコJr組がおこなわれ、サント組が反則勝ちをおさめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイナ・デ・レイナス王座決定トーナメント1回戦

AAAの3・1アレナ・ネサ大会、おもな試合結果。

空位のレイナ・デ・レイナス王者を決定するトーナメントの1回戦がおこなわれ、マリー・アパッチェ、ルフィスト、ファビー・アパッチェ、タヤ・ヴァルキリーがロリータ、シンティア・モレノ、セクシー・レディ、ジェニファー・ブレイクにそれぞれ勝利、準決勝にコマを進めた。

メインはサイコサーカスvsインフィエルノロッカーズの6人タッグマッチで、ロッカーズが勝利。試合後、ロッカーズはサーカスが保持するAAA世界6人タッグ王座への挑戦をアピールした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テクニコとルードがタッグを組むトーナメントが開幕

CMLLの3・1アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

テクニコとルードがタッグを組むレレボスインクレイブレスによるトーナメント「トルネオ・パレハス・インクレイブレス」がスタート。

Aブロックからはラ・ソンブラ&ボラドールJr組、ショッカー&ミステル・ニエブラ組、マスカラ・ドラダ&メフィスト組、ラ・マスカラ&アベルノ組が1回戦を勝ち抜き、最後はソンブラ組がショッカー組を下し、3・15「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」での決勝戦に進出した。

メインはアトランティス&ミスティコ&ルーシュ組vsウルティモ・ゲレーロ&エウフォリア&二エブラ・ロハ組の6人タッグマッチで、アトランティス組が勝利した。

次週のBブロックでは、アトランティス&ウルティモ・ゲレーロの元ロス・ゲレーロス・デ・ラ・アトランティーダのタッグが復活。さらにはCMLL世界ヘビー級王座を争ったばかりのルーシュとテリブレもタッグを結成することになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURA&ナマハゲ組がビッグショーのメインに!

CMLLのビッグショー、3・15「オメナへ・ア・ドス・レジェンダス」の主要対戦カードが決定した。

メインは、OKUMURA&ナマハゲ組vsストゥーカJr&レイ・コメタ組のマスカラ・コントラ・カベジェラ。

セミではエストレジータvsアマポーラのカベジェラ・コントラ・カベジェラが決定。

また、3・1でスタートするトルネオ・パレハス・インクレイブレス・トーナメントの決勝戦がこの日におこなわれる。

今大会はCMLL創始者のサルバトーレ・ルッタレス・ゴンザレスとラヨ・デ・ハリスコJrの功績をたたえるビッグマッチで、ラヨ・デ・ハリスコJrが来場。ラヨはウニベルソ2000と6人タッグで試合をすることが予定されているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURA&ナマハゲとストゥーカJr&レイ・コメタの抗争激化

CMLLの2・22アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

ゲレーロ・マヤJr&レイ・コメタ&ストゥーカJr組vsミステリオッソJr&OKUMURA&ナマハゲ組は、ストゥーカJrがナマハゲをフォール。

コメタ&ストゥーカJr組とOKUMURA&ナマハゲ組の抗争は激しさを増しており、3・15アレナ・メヒコでのビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でのタッグによるマスカラ・コントラ・カベジェラが決定した。

メインはマルコ・コルレオーネ&ショッカー&ルーシュ組が、ウルティモ・ゲレーロ&テリブレ&ミステル・ニエブラ組を破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »