« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

ゲレーロとアトランティスのタッグタイトル戦が決定

CMLLの8・26アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr組がウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr&レイ・エスコルピオン組に勝利。この結果から、9・2同所でのCMLL世界タッグ選手権試合、ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr組vsアトランティス&ゲレーロ・マヤJr組が決定した。また、9・2には新日本の棚橋弘至が登場、ネグロ・カサス&フェリーノとのトリオでブルー・パンテル&ラ・マスカラ&ルーシュ組と対戦する。

メインではエクトール・ガルサ&ショッカー&ラ・ソンブラ組がレイ・ブカネロ&テリブレ&テハノJr組を破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーシュがライトヘビー級王座防衛

CMLLの8・23アレナ・メヒコ大会でCMLL世界ライトヘビー級選手権試合がおこなわれ、ミステル・アギラの挑戦を退けたルーシュが防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルティモ・ゲレーロがアトランティスとの一騎打ちに動き出す!?

CMLLの8・19アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

ダーク・エンジェル&ダリス・ラ・カリベーニャ&エストレジータ組がアマポーラ&プリンセサ・スヘイ&セウシス組に勝利。

アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr組vsウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr&レイ・エスコルピオン組は、アトランティスがゲレーロのマスクを剥ぎ取ってからの押さえ込みでピンフォール勝ち。テクニコに転向したアトランティスに対し、ゲレーロは一騎打ちを希望している。

メインでは、テリブレ&テハノJr&レイ・ブカネロ組がエクトール・ガルサ&ショッカー&アンヘル・デ・オロ組を破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アベルノ組がCMLL世界6人タッグ王座を防衛

CMLLの8・19グアダラハラ大会、おもな試合結果。

サグラド&サングレ・アステカ&フエゴ組がヴァンジェリス&OKUMURA&吉橋伸雄組に勝利。

CMLL世界6人タッグ選手権試合は、アベルノ&メフィスト&エフェスト組がラ・マスカラ&マスカラ・ドラダ&ラ・ソンブラ組とのリターンマッチに勝利し、防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL世界ウエルター級王座をドラダが初防衛

CMLLの8・15プエブラ大会でCMLL世界ウエルター級選手権試合がおこなわれ、マスカラ・ドラダがメフィストを破り、田口隆佑から奪取以来の初防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テクニコ転向のガルサがCMLL世界ヘビー級王者に

CMLLの8・12アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

イホ・デル・ファンタスマ&サングレ・アステカ&ストゥーカJr組がミステリオッソJr&OKUMURA&吉橋伸雄組に勝利。

アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr組がネグロ・カサス&アベルノ&ミステル・ニエブラ組を破った。

メインのCMLL世界ヘビー級選手権試合ではテクニコに転向したばかりのエクトール・ガルサがウルティモ・ゲレーロを破り、王座奪取に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルサがゲレーロの王座に挑戦決定

CMLLの8・5アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

メフィスト&エフェスト&ポルボラ組がショッカー&アンヘル・デ・オロ&デルタ組に勝利。

メインはアトランティス&エクトール・ガルサ&ラ・マスカラ組vsミステル・ニエブラ&ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr組の6人タッグマッチで、ガルサがムーンサルトプレスからゲレーロをピンフォール。

試合後、ガルサがCMLL世界ヘビー級王座への挑戦をアピールすると、王者のゲレーロが受諾。8・12同所でのタイトルマッチが決定した。

また、ゲレーロはアトランティスとの一騎打ちも希望している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉橋伸雄が初のカベジェラ戦

新日本プロレスの吉橋伸雄がCMLLの8・1プエブラ大会で初のカベジェラ・コントラ・カベジェラをおこなった。

相手は抗争中のCMLL世界ライトヘビー級王者ルーシュ。

試合はルーシュの勝利で吉橋が髪を切られたが、吉橋にとってはシングルで初となるビッグチャンスだった。この試合をきっかけに、今後の飛躍が期待される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年の「エロエス・インモルタレス」開催日決定

故アントニオ・ペーニャさんの功績をたたえるAAAのビッグショー「エロエス・インモルタレス」が10月9日(日)、モンテレイで開催されることが決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ベラノ・デ・エスカンダロ2011」

AAAのビッグショーが7月31日、グアダラハラで開催された。おもな試合結果は以下。

レイナ・デ・レイナスは、王者のマリー・アパッチェが防衛に失敗、キスからミッキー・ジェームスをフォールしたピンピネーラ・エスカルラタが新王者となった。

AAAメガ選手権試合は、ジェフ・ジャレットがドクトル・ワグナーJr、LAパークを下し初防衛に成功。試合後にはエル・メシアスが現れ、ジャレットに対戦を要求した。

サイコサーカスvsロス・ペロス・デル・マールのケージマッチ”マスカラ・コントラ・カベジェラ”は、Xフライの負け残りとなり、髪を切られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジェンダ・デ・アスール&NWAミドル級戦&CMLL世界女子王座戦

CMLLの7・29アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

アマポーラがエストレジータを破り、CMLL世界女子王座を防衛。

16人参加のレジェンダ・デ・アスールは、メトロ、シコシス、アンヘル・デ・オロ、ウルティモ・ゲレーロ、ストロングマン、レイ・ブカネロ、イホ・デル・ファンタスマ、テハノJr、テリブレ、ショッカー、ブルー・パンテル、エクトール・ガルサ、ルーシュ、マキシモの順に退場、最後はミステル・ニエブラがアトランティスを破り、優勝を飾った。

アベルノvsラ・マスカラのNWAミドル級選手権試合はアベルノが勝利し王座防衛。試合後、アベルノはマスカラの保持するナショナルライトヘビー級王座への挑戦を表明し、マスカラのマスクとアベルノの髪の毛をかけるマスカラ・コントラ・カベジェラもアピールした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWRGタッグタイトルマッチ

IWRGの7・28ナウカルパン大会でIWRGインターコンチネンタルタッグ選手権試合がおこなわれ、ピラタ・モルガン&イホ・デ・ピラタ・モルガン組がダミアン666&べスティア666組を破り、同王座の防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »