« CMLL世界6人タッグ王座が代打出場で移動 | トップページ | メフィストが頚椎損傷で入院 »

CMLL軍vs外敵軍10人タッグイリミネーション

CMLLの11・5アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

CMLL軍vsインデペンディエンテス(外敵)軍のイリミネーション10人タッグマッチ「トルネオ・シベルネティコ」は、CMLL軍がショッカー&マスカラ・ドラダ&ネグロ・カサス&レイ・ブカネロ&アベルノ組、外敵軍がエクトール・ガルサ&ミステル・アギラ&シコシス&チャーリー・マンソン&オリンピコ組が出場。

試合はマンソン、シコシス&アベルノ(同時)、オリンピコ、ドラダ、ショッカー、カサス、ガルサの順に敗退。最後はブカネロvsアギラの一騎打ちとなった。が、ブカネロのカナディアン・デストロイヤーが禁じ手のマルティネーテとされ、反則を宣告された。これにより、アギラの反則勝ち、外敵軍の勝利となった。

メインは、ミスティコ&ラ・マスカラ&ラ・ソンブラ組vsアトランティス&ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr組。CMLL世界タッグ王者となったゲレーロ&ロホJr組が勢いを持ち込み、ゲレーロスが短時間で試合を決めた。

|

« CMLL世界6人タッグ王座が代打出場で移動 | トップページ | メフィストが頚椎損傷で入院 »

CMLL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1264324/37557202

この記事へのトラックバック一覧です: CMLL軍vs外敵軍10人タッグイリミネーション:

« CMLL世界6人タッグ王座が代打出場で移動 | トップページ | メフィストが頚椎損傷で入院 »