« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

闘龍門「ドラゴマニアⅤ」

闘龍門の5・29アレナ・メヒコ「ドラゴマニアⅤ」は主催者発表で1万3800人(満員)を動員、おもな試合結果は以下。

マルセラ&栗原あゆみ組vs下田美馬&ラ・コマンダンテ組は、栗原がマヒストラルでコマンダンテを丸め込み勝利。

ペケーニョ・ダミアン666vsヨルーバのカベジェラ戦は、マスカリータ・ドラダが割って入り、マスカラ戦も加えたイリミネーション方式の3WAYマッチに。最初にドラダがダミアンをフォールして退場。最後はダミアンが筋肉バスターからダブルアーム式のパイルドライバーを決め、ヨルーバを坊主にした。

メインのミル・マスカラス&”リング”フヒナミ(藤波辰爾)&ウルティモ・ドラゴン&ブラソ・デ・プラタ組vsチャック・パルンボ&アトランティス&レイ・ブカネロ&アルカンヘル組は、マスカラスがダイビングボディープレスからアルカンヘルをピンフォールした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A☆YU☆MIがタイトル奪取

メキシコに遠征中のA☆YU☆MIが5月28日におこなわれた「ルチャファンフェスト3」に参戦。初代X-LAW女子王座決定戦に臨んだ。

試合は8人参加で、ルナ・マヒカとA☆YU☆MIが残り2人でのシングル状態に。マヒカのイス攻撃をかわしたA☆YU☆MIがドロップキックからカバーすると3カウント。初代王者となったA☆YU☆MIを多くの現地ファンが取り囲み祝福した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラ・エクスペリエンシア」今年も開催

多くのルチャドールや団体が一堂に会するルチャリブレ博覧会「ラ・エクスペリエンシア」が、メキシコシティーのセントロ・バナメクスで7月23日から25日までの3日間にわたり開催されることになった。

CMLL、AAA、IWRG、ロス・ペロス・デル・マール、DTUなどの参加が予定されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボラドールJrがアトランティス相手に防衛戦

ボラドールJrがナショナルライトヘビー級王座の防衛戦を6月1日のアレナ・メヒコ大会でおこなう。

王座奪取以来、ボラドールJrがミスティコ以外の相手にこのベルトをかけるのははじめてとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グアテマラ遠征が延期に

CMLLが5月30日に予定していたグアテマラでの試合が、火山噴火のため延期となった。新しい日程は後日発表される見込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AULLアニバーサリー大会にミスティコらCMLL勢が参戦

AULLの43周年興行にCMLLからミスティコ、ラ・マスカラ、イホ・デル・ファンタスマ、ドラゴン・ロホJrが参戦した。

CMLL勢はメインに登場し、ミスティコ&ラ・マスカラ&ファンタスマがトリオを結成。ロホJrは6・6「シン・サリダ」に参戦する元AAAのシコシス&イステリアとチームを作った。

試合は、ミスティコがロホJr組から勝利を奪っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイチがマキシモと前哨戦&バーナードがメキシコ上陸で圧勝!

CMLLの5・28アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

ダーク・エンジェル&ジュビア&ルナ・マヒカ組vsアマポーラ&プリンセサ・ブランカ&下田美馬組は、1本目に下田がタイガースープレックスホールドでエンジェルをフォールしルーダ軍が先制。2本目にはテクニカ軍が3人のジャベで下田とブランカをとってイーブンに戻した。3本目はエンジェルが下田にタイガードライバーを放って3カウント。テクニカ軍が勝利した。

セミはボラドールJr&イホ・デル・ファンタスマ&マキシモ組vsレイ・メンドーサJr&OKUMURA&タイチ組。試合はタイチがマキシモの急所を蹴って反則負け。試合後にはタイチがマイクをとり、「オマエをハゲにしてやるからな!」とアピール。タイチとマキシモは6・6アレナ・メヒコでの「シン・サリダ」でカベジェラ戦をおこなうが、この試合がメインになることが決定した。AAA「トリプレマニア18」の裏にぶつけたビッグマッチで、タイチがマキシモを坊主にするか、坊主にされるのか、大注目の一戦だ。

メインにはジャイアント・バーナードが初上陸。ストロング・マン&ショッカーとのトリオでエクトール・ガルサ&テリブレ&テハノJr組と対戦した。1本目はバーナードとストロング・マンがダブルのコーナースプラッシュでテハノJrとテリブレを同時フォールしバーナード組が先制。2本目にも超大型軍団の勢いはとまらず、バーナードがガルサにボルドーボム、ストロング・マンがテハノJrにトーチャーラックスラムを決め、こちらも同時に3カウントをゲット。バーナード組がストレート勝ちという圧勝に終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋のメキシコ遠征最終戦

CMLLの5・24プエブラ大会で棚橋弘至が出場、OKUMURA、タイチとの前CMLL世界6人タッグ王者トリオで、ウルティモ・ゲレーロ&テリブレ&テハノJr組と対戦した。試合はメキシコ軍の勝利。

棚橋は26日(水)にメキシコを離れ、27日(木)に帰国した。

メインはミスティコ&エクトール・ガルサ組vsストロング・マン&ボラドールJr組のレレボスインクレイブレスで、ストロング・マン組が反則勝ちをおさめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイチがシングルのカベジェラ戦へ

メキシコに遠征中のタイチが6月6日におこなわれるCMLLの「シン・サリダ」に出場、マキシモとのカベジェラ・コントラ・カベジェラに挑むことになった。

同大会はAAAの「トリプレマニア18」にぶつけたビッグショーで、タイチのカベジェラ戦は追加カードとして発表された。

タイチは金網でのエスケープルールによるカベジェラ戦はいちど経験したが、シングルでの髪切りマッチははじめてとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプレマニア18対戦カード

AAAの6・6「トリプレマニア18」全対戦カード。

① ファビー・アパッチェ&マリー・アパッチェ&シンティア・モレノ組vsセクシー・スター&ジェニファー・ブレイク&レイン組

② AAAミニ選手権試合<王者>ミニ・アビスモ・ネグロvs<挑戦者>ミニ・チャーリー・マンソンvs<挑戦者>オクタゴンシートvs<挑戦者>マスカリータ・ディビナvs<挑戦者>マスカリータ・サグラダvs<挑戦者>ミニ・シコシスvs<挑戦者>ミニ・イステリアvs<挑戦者>ミニ・チェスマン

③ AAAクルーザー級選手権試合<王者>エクストリーム・タイガーvs<挑戦者>ジャック・エバンスvs<挑戦者>クリストファー・ダニエルズvs<挑戦者>NOSAWA論外

④ オクタゴン&ヘビー・メタル&ピンピネーラ組vsチェスマン&ヘルナンデス&アレックス・コスロフ組

⑤ シベルネティコ&アビス組vsバンピーロ・カナディエンセ&エル・ソロ組

⑥ AAA世界タッグ選手権試合<王者>潮﨑豪&青木篤志組vs<挑戦者>ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組vs<挑戦者>シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール組vs<挑戦者>ロバート・ルード&ジェームス・ストーム組

⑦ ノンブレ・コントラ・ノンブレ ラ・パルカwithホアキン・ロルダンvsLAパークwithドリアン・ロルダン

⑧ AAAメガ選手権試合<王者>エレクトロ・ショックvs<挑戦者>ドクトル・ワグナーJr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6・6「シン・サリダ」対戦カード

CMLLが、AAAの「トリプレマニア18」にぶつける6・6「シン・サリダ」の対戦カードを発表した。

① バンバン&ショッカーシート組vsペケーニョ・ピエロー&ペケーニョ・ダミアン666組

② ストゥーカJr&ルーシュ&メトロ組vsイステリア&マニアコ&モンステル組

③ ショッカー&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマ組vsアレブリヘ&シコシス&オリンピコ組

④ ミスティコ&マスカラ・ドラダ&ミステル・アギラ組vsボラドールJr&ネグロ・カサス&アベルノ組

⑤ ラヨ・デ・ハリスコJr&ストロングマン&ブラソ・デ・プラタ組vsジャイアント・バーナード&マスカラ・アニョ2000&ウニベルソ2000組

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーナードがメキシコ上陸!

ジャイアント・バーナードがCMLLに参戦することになった。

バーナードは、5・28アレナ・メヒコの金曜定期戦でメキシコマットに初登場。メインに出場しストロングマン&ショッカーとのトリオを結成。エクトール・ガルサ&テリブレ&テハノJr組と対戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAA参戦のヘルナンデスがIWRGサイドにつくも…

IWRGの5・23ナウカルパン大会、おもな試合結果。

ドクトル・セレブロvsフエルサ・ゲレーラのIWRGインターコンチネンタルウエルター級選手権試合は、セレブロが王座防衛に成功。

メインではAAAに参戦中のヘルナンデス(TNA)がIWRGサイドについて試合をおこなった。ヘルナンデスのパートナーはイホ・デ・シエン・カラス&マスカラ・アニョ2000Jrで、相手はAAAのシベルネティコ、オリンピコ、ティニエブラスJr。試合はシベルがヘルナンデスをピンフォール。最後はIWRG勢がヘルナンデス、シベルネティコを襲撃した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAA世界タッグ戦は4WAYマッチに

6・6「トリプレマニア18」でおこなわれるAAA世界タッグ選手権試合が4WAYマッチに変更された。

王者は森嶋猛&石森太二組を破り新チャンピオンとなった潮﨑豪&石森太二組で、TNAのビアマネーインク(ロバート・ルード&ジェームス・ストーム組)、元王者のジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組、シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール組が挑戦者となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5・31レオン対戦カード

AAAの5・31レオン大会、対戦カード

①マリー・アパッチェ&マスカリータ・ディビナ&レランパゴ&ユリコ組vsレイン&見に・イステリア&デクニス&ポルボ・デ・エストレージャス組

②エル・エレヒード&アラン・ストーン&クリス・ストーン組vsダーク・オズ&ダーク・スコリア&ダーク・クエルボ組

③ジャック・エバンス&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組vsチェスマン&鈴木健想&アレックス・コスロフ組

④ドクトル・ワグナーJr&ラ・パルカ組vsエレクトロ・ショック&シルバー・キング組

⑤シベルネティコ&オクタゴン&ヘビー・メタル組vsLAパーク&ヘルナンデス&エル・ソロ組

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LAパークがビンでラ・パルカを襲撃!

AAAの5・22トレオン大会、おもな試合結果。

AAAミックストタッグ選手権試合は、アエロ・スター&ファビー・アパッチェ組がアレックス・コスロフ&セクシー・スター組を破り防衛に成功。

ドクトル・ワグナーJr&オクタゴン&ピンピネーラ組vsエレクトロ・ショック&シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール組は、エレクトロ組の勝利。

シベルネティコ&ヘビー・メタル組vsLAパーク&エル・ソロ組はシベルがチョークスラムでソロをピンフォールした。試合後、バンピーロが登場し、ソロとともにシベルを攻撃した。

メインのラ・パルカ&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組vsチェスマン&ヘルナンデス&鈴木健想組は、LAパークが乱入、ガラス瓶でパルカを襲撃しノーコンテストとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5・20ナウカルパンでのAAAとの対抗戦

IWRGの5・20ナウカルパン大会でもAAAが参戦。メインで対抗戦がおこなわれた。

試合はマスカラ・アニョ2000&マスカラ・アニョ2000Jr&イホ・デル・シエン・カラス組vsチェスマン&アレックス・コスロフ&ダーク・クエルボ組で、AAA軍の反則負けとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋組がCMLL世界6人タッグ王座陥落

CMLLの5・21アレナ・メヒコのメインにて、CMLL世界6人タッグ選手権試合がおこなわれた。

王者は5・7同所にて第21代王者となった棚橋弘至&OKUMURA&タイチ組。挑戦者は前週のノンタイトル戦で王者組を破ったラ・マスカラ&ラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダ組だ。

試合は、タイチがハイキックからソンブラをフォールし、OKUMURAがドラダに垂直落下式ブレーンバスターを決めて王者組が先制に成功。

2本目には挑戦者が速攻勝負を仕掛け、ソンブラがアラビアンプレスでOKUMURAとタイチをまとめてフォールした。

決勝の3本目は棚橋がターゲットにされた。マスカラのパワーボムからドラダとソンブラがダイビングボディープレスを次々と放ち、3人がかりでピンフォール勝ち。初の日本人王者となった棚橋組は初防衛に失敗。マスカラ組が第22代王者となった。

セミはミスティコ&ストロングマン&トスカーノ組vsアベルノ&メフィスト&エフェスト組で、ミスティコがアベルノにミスティカを決めて勝利。ミスティコにとってはルードファイトのきっかけとなったアベルノを仕留めたことで、テクニコへのカムバックをアピールしたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6・6アレナ・メヒコは外敵との対抗戦!

CMLLの6・6アレナ・メヒコは、外敵との対抗戦でビッグショー仕様となる。

5月20日に記者会見がおこなわれ、6・6日曜アレナ・メヒコの大会名が「SIN SALIDA(シン・サリダ)」と発表された。

全対戦カードは以下。

①バンバン&ショッカーシート組vsペケーニョ・ダミアン666&ピエローシート組

②メトロ&ルーシュ&ストゥーカJr組vsイステリア&マニアコ&モンステル組

③ショッカー&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマ組vsアレブリヘ&シコシス&オリンピコ組

④レレボス・インクレイブレス ミスティコ&マスカラ・ドラダ&ミステル・アギラ組vsボラドールJr&ネグロ・カサス&アベルノ組

⑤ブラソ・デ・プラタ&ストロングマン&ラヨ・デ・ハリスコJr組vsマスカラ・アニョ2000&ウニベルソ2000&ジャイアント・バーナード組

元AAAのアレブリヘ、シコシス、イステリア、マニアコ、モンステルがついにビッグマッチに登場。ペロスを退団したと思われるアギラと、エルマノス・ディナミタとの対戦を表明したラヨ・デ・ハリスコJrがCMLLにカムバックする。

AAAが6月6日にメキシコシティーでビッグショーを開催。それに対抗するためのビッグショーを同時間帯にぶつける形になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレクトロ・ショックとワグナーJrが金網で前哨戦

6・6「トリプレマニア18」でAAAメガ王座をかけて対戦するエレクトロ・ショックとドクトル・ワグナーJrが、5・19アクトパン大会にて金網マッチでの前哨戦をおこなった。

試合は王者のエレクトロが勝利し、ワグナーJrにプレッシャーをかけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5・25アレナメヒコで”スカイチーム”が復活!?

CMLLの5・25アレナ・メヒコ大会でミスティコ&ボラドールJr&ラ・ソンブラのスカイチームが復活する。相手はアトランティス&ネグロ・カサス&レイ・ブカネロ組。

しかしながら、ミスティコとボラドールJrは抗争中。それだけに、すんなりいくとは思えないが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人が3戦3勝!

CMLLの5・17プエブラ大会で、CMLL世界6人タッグ王者チームが分かれて試合をおこなった。

OKUMURAはミステリオッソJr&サングレ・アステカとのトリオで、フエゴ&メトロ&ルーシュ組に勝利。

タイチはラ・マスカラとのシングルでフォール勝ち。マスクをはがされて丸め込まれたマスカラは、タイチにマスカラ・コントラ・カベジェラを要求した。

メインは棚橋弘至&ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス組がエクトール・ガルサ&ショッカー&ストロング・マン組に勝利。

この結果、日本人が後半3試合で3人全勝という珍しい記録が生まれた。

なお、5・24同所では棚橋&OKUMURA&タイチ組がウルティモ・ゲレーロ&テリブレ&テハノJr組とセミで対戦。メインはミスティコ&エクトール・ガルサ組vsボラドールJr&ストロング・マン組のレレボス・インクレイブレスだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナショナルライトヘビー級戦

5月17日、ナショナルライトヘビー級選手権試合がおこなわれ、ボラドールJrがミスティコを破り、王座防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋組の初防衛戦はメインに!

CMLLの5・21アレナ・メヒコ大会で組まれたCMLL世界6人タッグ選手権試合、棚橋弘至&OKUMURA&タイチ組vsマスカラ・ドラダ&ラ・マスカラ&ラ・ソンブラ組は、メインでおこなわれることになった。

日本人初のタイトル奪取となった棚橋組には、初防衛戦となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋組が5・21で初防衛戦

CMLL世界6人タッグ王者の棚橋弘至&OKUMURA&タイチ組が、5・21アレナ・メヒコで初防衛戦をおこなう。

相手は前週に苦杯を喫したマスカラ・ドラダ&ラ・マスカラ&ラ・ソンブラ組。その試合では棚橋がピンフォール負けをしているが、雪辱しての初防衛となるか、注目される。

なお、タイトルマッチがセミファイナルで、同大会のメインはミスティコ&ストロングマン&トスカーノ組vsアベルノ&メフィスト&エフェスト組と発表された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元AAA勢退治にラヨ・デ・ハリスコJrが電撃カムバック!

CMLLの5・16アレナ・メヒコ大会のセミ&メインは、元AAA勢をCMLLが迎え撃つ形になった。

セミはブラソ・デ・プラタ&エクトール・ガルサ&トスカーノ組vsアレブリヘwithクイヘ&イステリア&マニアコ組で、ガルサの裏切りからアレブリヘ組が勝利。試合後にはガルサがアレブリヘらの手を挙げたことで、ルード転向は決定的だ。

メインでは、ラ・ソンブラとシコシスが一騎打ちをおこなった。1-1で迎えた決勝の3本目、ソンブラがムーンサルトで飛んだところでペロスを退団したとみられるミステル・アギラが乱入、マスカラ・アニョ2000&ウニベルソ2000と合体し、ソンブラを襲撃した。試合はこれにより、ソンブラの反則勝ちが宣告された。

その後、ラヨ・デ・ハリスコJrまで登場。シコシス側につくかと思われたが、ウニベルソがソンブラにマルティネーテを仕かけようとしたところにギターで殴打。ラヨとソンブラはハグをかわし、ラヨがCMLLサイドについた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAAのテクニコとルードがIWRGで共闘?

IWRGのリングで5・6からスタートしたAAAとの対抗戦。5・16ナウカルパン大会ではAAAの選手がテクニコ&ルード混合で10人参加のバトルロイヤルに登場した。

IWRG軍がパンテーラ、マスカラ・アニョ2000Jr、ドクトル・セレブロ、ベネノ、スイシーダ。AAA軍がシルバー・キング、ウルティモ・グラディアドール、エクストリーム・タイガー、ピンピネーラ、鈴木健想の構成で試合がスタート。

AAAのメンバーはテクニコとルードでギクシャクした試合となったものの、最後は退場となったグラディアドールのアシストからシルバー・キングが勝利、AAAに凱歌が上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋の第2週はフォール負け

メキシコマット上陸後、いきなりCMLL世界6人タッグ王者となった棚橋弘至が第2週目の5・14アレナ・メヒコ大会で敗戦を喫した。

試合はセミでおこなわれたマスカラ・ドラダ&ラ・マスカラ&ラ・ソンブラ組vs棚橋弘至&OKUMURA&タイチ組の6人タッグマッチ。

1本目はソンブラがOKUMURA、日本帰りのドラダがタイチを仕留めてメキシコ軍が先取。2本目には棚橋がハイフライフローをソンブラに決め、日本軍がイーブンに持ち込んだ。そして決勝の3本目。ラ・マスカラの空中弾に棚橋が敗れる番狂わせ。

王者組が敗れたことで、ドラダ&マスカラ&ソンブラ組が次期挑戦者に浮上するか?

メインはミスティコ&ショッカー&ストロングマン組vsウルティモ・ゲレーロ&ネグロ・カサス&フェリーノ組で、ミスティコがカサスを破っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWRGvsAAA5・13ナウカルパン

IWRGの5・13ナウカルパン大会でIWRGとAAAの対抗戦が2週目を迎え、2試合がおこなわれた。

セミはオフィシアル911&オフィシアルAK47&オフィシアル・フィエロ組が、アエロ・スター&ラレド・キッド&ガト・エベレディ組に勝利。

メインではエレクトロ・ショックとシルバー・キングのAAA軍が、マスカラ・アニョ2000&マスカラ・アニョ2000Jr組から反則勝ちをかすめとった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5・22トレオン対戦カード

AAA5・22トレオン大会の全対戦カードが決定した。

①AAAミックスト選手権試合 アレックス・コスロフ&セクシー・スター組vsアエロスター&ファビー・アパッチェ組

②アラン・ストーン&エル・エレヒード&ロッキー・ロメロ組vsダーク・オズ&ダーク・クエルボ&ダーク・スコリア組

③ラ・パルカ&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組vsチェスマン&ヘルナンデス&鈴木健想組

④シベルネティコ&ヘビー・メタル組vsLAパーク&エル・ソロ組

⑤ドクトル・ワグナーJr&オクタゴン&ピンピネーラ組vsエレクトロ・ショック&シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール

6・6「トリプレマニア18」に向け、この大会が年間最大のビッグマッチまえ、最後のTVマッチとなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプレマニア18のカード発表

5月12日、AAAが記者会見をおこない、6・6メキシコシティー「トリプレマニア18」の対戦カードを発表した。

①ラダーマッチ ミニ・アビスモ・ネグロvsミニ・チャーリー・マンソンvsオクタゴンシートvsマスカリータ・ディビナvsマスカリータ・サグラダvsミニ・シコシスvsミニ・イステリア

②ジェニファー・ブレイド&レイン&セクシー・スター組vsシンティア・モレノ&ファビー・アパッチェ&マリー・アパッチェ組

③AAAクルーザー級選手権試合4WAYマッチ エクストリーム・タイガーvsジャック・エバンスvsクリストファー・ダニエルズvsNOSAWA論外

④オクタゴン&ヘビー・メタル&ピンピネーラ組vsチェスマン&ヘルナンデス&アレックス・コスロフ組

⑤AAA世界タッグ選手権試合 NOAH5・23新潟(森嶋&石森組vs潮﨑&青木組)の勝者vsジェームス・ストーム&ロバート・ルード組(ビアマニーinc=TNA)

⑥ラ・パルカvsLAパーク

⑦AAAメガ選手権試合 エレクトロ・ショックvsドクトル・ワグナーJr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大混乱の5・10プエブラ大会で棚橋&ミスティコ&タイチ組が勝利

CMLLの5・10プエブラ大会、おもな試合結果。

セミではCMLLに殴り込みをかけた元AAA勢からシコシスが初のシングルマッチで登場、イホ・デル・ファンタスマと対戦した。

試合はファンタスマが決めようとしたところで、なぜかウニベルソ2000とマスカラ・アニョ2000のロス・ディナミタスが乱入、ファンタスマに襲いかかった。ファンタスマのマスクが剥がされると、レフェリーはシコシスの反則負けを宣告した。

混乱のなか、メインに出場するボラドールJrとネグロ・カサスがリングに駆け込み、シコシス、ディナミタとの対戦をアピール。すると、カサス&ボラドールJr&ラ・マスカラ組と対戦する予定のミスティコ&棚橋弘至&タイチ組も登場、そのままメインのレレボス・インクレイブレスに突入した。

最後はタイチがマスカラのマスクを引き裂き、丸め込みで3カウントを奪取。ミスティコ&棚橋&タイチ組が勝利を飾った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本参戦のマスカラ・ドラダがメキシコ凱旋 ガルサ、ルード転向が決定的?

新日本プロレスの5・8JCBホール大会に参戦したマスカラ・ドラダがメキシコに凱旋、5・11アレナ・メヒコ大会のメインに出場した。

試合はエクトール・ガルサ&ボラドールJr&マスカラ・ドラダ組vsアトランティス&レイ・ブカネロ&アベルノ組の6人タッグマッチ。ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマとの亀裂が生じながらもテクニコサイドで闘っていたガルサがボラドールとドラダのマスクを剥いで、最後はルード軍の勝利。やはり、ガルサはルードに転向するのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋がロス・ゲレーロスと結託へ!ストロングマンと再戦!

メキシコのCMLLに遠征中の棚橋弘至がルード軍のロス・ゲレーロスと結託する。

棚橋は5・17プエブラ大会でウルティモ・ゲレーロ&アトランティスとのトリオを結成し、エクトール・ガルサ&ショッカー&ストロングマン組と対戦するメインのカードが発表された。

同大会ではタイチがセミファイナルに登場し、ラ・マスカラと一騎打ちをおこなう。また、フエゴ&メトロ&ルーシュ組vsOKUMURA&ミステリオッソJr&サングレ・アステカ組もおこなわれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元AAA勢がCMLLに勝利、シコシスとソンブラが一騎打ちへ!

5月9日、CMLLに侵攻中の元AAA勢がアレナ・コリセオに初登場。

アレブリヘ&シコシス&イステリア組がブラソ・デ・プラタ&エクトール・ガルサ&ラ・ソンブラ組と対戦した。

試合はシコシスがソンブラのマスクを剥いだ直後にピンフォール勝ち。

ソンブラとシコシスは5・16コリセオ大会でシングルマッチをおこなうことになった。

また、この試合中にプラタがアゴを負傷した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木健想がIWRGに参戦へ!

AAAの多国籍軍、レヒオン・エクストランヘラで暴れている鈴木健想がIWRGに初参戦する。

健想が上がるのは5・16ナウカルパン大会。

健想はエクストリーム・タイガー、ウルティモ・グラディアドール、ピンピネーラと越境軍を結成し、ドクトル・セレブロ&マスカラ・アニョ2000Jr&パンテーラ&スイシーダ組と対戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプレマニア、金網で前哨戦

AAAの5・19アクトパン大会で、エレクトロ・ショックvsドクトル・ワグナーJrのシングルマッチが金網でおこなわれる。

両者は6・6メキシコシティー「トリプレマニア18」でのタイトルマッチが組まれており、エレクトロの保持するAAAメガ王座にワグナーJrが挑戦する。

また、「トリプレマニア18」でのシングルが決定的なラ・パルカとLAパークも、アクトパン大会で激突。シベルネティコ&ラ・パルカ&ヘビー・メタル組vsチェスマン&LAパーク&エル・ソロ組の6人タッグが組まれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドス・カラス親子でWWEのリングに登場!

WWEロウのメキシコツアーでドス・カラス親子が同じリングに立った。

5月8日、メキシコシティーのパラシオ・デ・ロス・デポルテスでおこなわれた大会にドス・カラスが登場、リング上からドス・カラスJrを紹介した。

ドスJrはチャボ・ゲレロと対戦、凱旋試合を勝利で飾ってみせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋組が外国人初のCMLL世界6人タッグ王者に!

新日本プロレスの棚橋弘至がメキシコに上陸、一発でCMLL世界6人タッグ王座を獲得してみせた。

棚橋は5・7アレナ・メヒコの金曜定期戦でいきなりメインに登場、OKUMURA&タイチとのトリオでエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマの王者組と対戦した。

一本目は棚橋がスリングブレイドでマスカラ、タイチがファンタスマからフォールを奪って日本軍が先制に成功。2本目にはガルサがムーンサルトから大将の棚橋を仕留めてイーブンに持ち込んだ。そして決勝の3本目はOKUMURAがファンタスマを退場させ、最後は棚橋がハイフライフローでマスカラをピンフォール。

王者組が6度目の防衛に失敗し、棚橋組が第21代王者となった。

CMLL世界6人タッグ王座を日本人が手にするのは初めてのこと。メキシコ人以外がチャンピオンになるのも初の快挙だ。

なお、新王者トリオは翌週の5・14アレナ・メヒコでガルサ&テリブレ&テハノ組とノンタイトルで対戦する。同大会のメインはミスティコ&ストロングマン&ショッカー組vsウルティモ・ゲレーロ&ネグロ・カサス&フェリーノ組だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAA軍がIWRG上陸!

AAA軍がIWRGの5・6ナウカルパン大会をジャック。両団体の対抗戦がスタートした。

セミではAAAのダーク・クエルボ&ダーク・オズ&ダーク・スコリア組がオフィシアル911&オフィシアルAK47&オフィシアル・フィエロ組と対戦。大荒れの末、オフィシアルの反則勝ち、クエルボ組の反則負けとなった。

メインはマスカラ・アニョ2000&イホ・デ・マスカラ・アニョ2000&マスカラ・アニョ2000Jr組vsエレクトロ・ショック&シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール組。急所攻撃やマスク剥ぎが横行するリング上でエレクトロがイホに禁じ手のマルティネーテを決め、シルバーが2000Jrのマスクを剥いでフォール勝ち。試合後にはシルバーが2000Jrの保持するIWRGインターコンチネンタルヘビー級王座への挑戦をアピールした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミステリオが世界ヘビー級タイトルマッチで勝利も・・・

WWEのメキシコツアー5・7ケレタロ大会で世界ヘビー級選手権試合がおこなわれ、レイ・ミステリオが王者ジャック・スワガーに挑戦した。

試合はミステリオが勝利するも、反則裁定のため王座の移動はなかった。

また、インターコンチネンタル選手権試合ではドリュー・マッキンタイヤがMVPを丸め込んで王座防衛に成功。WWE統一タッグ選手権試合、ハート・ダイナスティーvsCMパンク&ルーク・ギャローズ組は、ダイナスティーがパンクをフォールし、王座を防衛した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドス・カラスJrがWWEのメンバーとしてメキシコ凱旋&勝利!

欧州ツアーのハウスショーでWWEデビューをしたドス・カラスJrが、ロウブランドのメキシコツアーにも登場、母国凱旋を果たした。

ドスJrはメキシコではマスク着用でリングに登場、初日の5・5モンテレイ大会ではウィリアム・リーガルから初勝利を上げると、翌5・6メキシコシティー大会ではチャボ・ゲレロにも勝利。1軍昇格が近づいてきたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来日直前のマスカラ・ドラダ

新日本プロレスの5・8JCBホール「SUPER J TAG TOURNAMENT」にバリエンテとのタッグでエントリーされたマスカラ・ドラダが5・4アレナ・メヒコのメインに登場した。

ドラダはミスティコ&ラ・ソンブラとのトリオでウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&レイ・ブカネロのロス・ゲレーロスと対戦。ドラダの入ったテクニコ軍が勝利している。

日本での試合後には5・11アレナ・メヒコでボラドールJr&ラ・ソンブラと組み、アトランティス&アベルノ&レイ・ブカネロとメインで対戦することがすでに決まっている。また、バリエンテはブルー・パンテル&トスカーノとのトリオでメフィスト&エフェスト&ポルボラ組とセミファイナルで対戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚橋とミスティコがタッグ結成へ!

CMLLに上陸する新日本の棚橋弘至が5・10プエブラ大会でミスティコとチームを結成することになった。

棚橋はメインに登場、ミスティコ&タイチとのトリオでネグロ・カサス&ボラドールJr&ラ・マスカラ組のテクニコルード混成軍と対戦する。

セミでは5・3で遺恨が勃発したイホ・デル・ファンタスマとシコシスが、マノ・ア・マノ(シングルマッチ)で激突することが決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元AAA勢がプエブラ大会に参戦、ファンタスマとシコシスの遺恨が勃発

5月3日、元AAAのアレブリヘ&シコシス&イステリアが最初に乱入したプエブラで試合をおこなった。

3人はショッカー&ラ・ソンブラ&イホ・デル・ファンタスマ組と対戦。最後はファンタスマがシコシスに反則負け。怒りのファンタスマはシコシスに対しシングルマッチを要求した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アグアヨJrがサントにレフェリーストップ負け

ロス・ペロス・デル・マールの5・2メキシコシティー大会、おもな試合結果。

ダミアン666vsハロウィンvsチャーリー・マンソンvsⅩフライvsスプリームのハードコアマッチは、ダミアンがスプリームをイスでの殴打からピンフォール。

イホ・デル・レイ・ミステリオ&グロンXXX組vsスペル・ノバ&オリエンタル組は、イホ・デル・レイ・ミステリオがスパニッシュフライでノバから勝利。足首を痛めたグロンXXXが担架で運ばれた。

メインはイホ・デル・サント&ラティン・ラバー&マルコ・コルレオーネ組vsブルー・デモンJr&ペロ・アグアヨJr&リスマルクJr組は、サントがアグアヨJrにカバージョを仕掛け勝利。アグアヨJrはギブアップしなかったものの、レフェリーが危険と判断し試合を止めた。

なお、ペロスからの勧誘を受けたラティンは、軍団入りを拒否してみせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィンが金網カベジェラで敗北

ロス・ペロス・デル・マールが5月1日、ティファナにて試合をおこなった。おもな結果は以下。

チャーリー・マンソンvsⅩフライのカベジェラ戦はマンソンが勝利。

イホ・デル・サント&LAパーク組vsブルー・デモンJr&ペロ・アグアヨJr組は、デモンJr組がサント組を破った。

メインは7人参加の金網カベジェラ戦で、スペル・ノバ、ダミアン666、リスマルクJr、イホ・デ・LAパーク、グロンXXX、オリエンタルが脱出に成功。負け残りのハロウィンが髪の毛を切られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスカラ・ドラダが王座防衛

CMLLの5・2グアダラハラ大会でCMLL世界スーパーライト級選手権試合がおこなわれ、新日本プロレスへの来日が間近なマスカラ・ドラダがドラゴン・ロホJrを破り、王座防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エル・シグノ引退試合

5月1日、エル・シグノがアレナ・ネサにて引退試合をおこなった。

シグノのラストマッチは10人参加の金網マスカラ・コントラ・カベジェラ。金網にはシグノ、イホ・デル・シグノ、ビジャノⅣ、イホ・デ・カネック、イホ・デル・ソラール、ウルトラマンJr、フィッシュマンJr、ランボー、アルコン・ドラドJr、タウロ・デ・クレタが入り、最後はイホ・デル・シグノとアルコン・ドラドJrの一騎打ちとなり、イホ・デル・シグノが勝利。息子が父の引退試合でドラドJrの髪の毛をプレゼントした。

セミではカネック&マスカラ・アニョ2000&ウニベルソ2000組がウルティモ・ゲレーロ&ビジャノⅢ&エル・ファンタスマ組と対戦。カネックが急所攻撃からファンタスマをフォールしたが、ゲレーロとの遺恨が勃発。カネックはゲレーロとのマスカラ戦をアピールしたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元AAAのバイパーズが正式にアレナ・メヒコのリングに登場!

乱入を繰り返していた元AAAのアレブリヘ&シコシス&イステリアがついにCMLLのリングで試合をおこなった。

彼らが上がったのは、5月2日(日)のアレナ・メヒコ大会。外敵を迎え撃ったのはブラソ・デ・プラタ&ラ・ソンブラ&トスカーノ組。

試合はアレブリヘ組が反則負け。さっそく、6・4ビッグショー「インフィエルノ・エン・エル・リング」への参戦も決定した。

また、メインはボラドールJrvsミスティコの一騎打ち。テクニコ宣言をしたミスティコだが、ボラドールJrを前にするとやはりルードファイトに終始。ボラドールがお返しのマスク剥ぎを敢行し、ミスティコをスモールパッケージで丸め込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスティコ、フェリーノ、ガルサらが金網マスカラ・コントラ・カベジェラへ!

CMLLのビッグショー「インフィエルノ・エン・エル・リング」が6月4日、アレナ・メヒコで開催される。

メインは金網マスカラ・コントラ・カベジェラで、ミスティコ、フェリーノ、ボラドールJr、ラ・ソンブラ、エクトール・ガルサ、イホ・デル・ファンタスマが参戦。昨今の抗争がひとまとめに金網の中に入れられることになる。

セミでは元AAA勢がCMLLのロス・ゲレーロスと全面激突。ゲレーロスのウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&レイ・ブカネロ組がシコシス&イステリア&マニアコ組を迎え撃つ。

6月6日にはAAAがメキシコシティーで「トリプレマニア18」をおこなうことになっており、老舗CMLLがAAAの2日前にビッグマッチをぶつけることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプレマニア18にアビス参戦

AAAの6・6「トリプレマニア18」メキシコシティー大会に、TNAからアビスが参戦する。大戦カードは未定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「3人目の日本人」は棚橋弘至!

OKUMURAとタイチが予告していたCMLLに上陸する「3人目の日本人」は、新日本プロレスの棚橋弘至!

棚橋は5・7アレナ・メヒコのメインに登場、OKUMURA&タイチとのトリオでいきなりCMLL世界6人タッグ王座に挑戦する。

チャンピオンはエクトール・ガルサ&イホ・デル・ファンタスマ&ラ・マスカラ組。現在、ガルサはルード転向がうわさされており、ファンタスマ&マスカラとの間に亀裂が生じている。

これをチャンスとして棚橋組が一気にベルトをダッシュするか、それとも対日本人で王者組が一致団結するのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パルカ同士がついに対決!

AAAの4・30ケレタロ大会で、LAパークの試合が組まれた。

”オリジナル”ラ・パルカのLAパークはメインに登場し、エル・ソロ&ニチョ・エル・ミジョナリオとのトリオを結成、シベルネティコ&ラ・パルカ&ヘビー・メタル組と対戦した。

試合は両軍のセコンド乱入で大混乱となり、ノーコンテスト。最後にはバンピーロが現れ、エル・ソロを救出した。

なお、試合前にはLAパークがパルカの要求に応じ、6・6「トリプレマニア18」での一騎打ちを受諾した。これにより、ラ・パルカvsLAパークのシングルマッチが決定したが、試合条件については言及されていない。

TNAを退団したクリストファー・ダニエルズがAAA初登場。アレックス・コスロフ&ジョー・リーダーと組んでエクストリーム・タイガー&ジャック・エバンス&ロッキー・ロメロ組に勝利。ダニエルズがクルーザー級王者のタイガーを直接ピンフォールしてみせた。試合後にはダニエルズとコスロフでリーダーを襲撃。テクニコがリーダーを救出したが…。

サイコサーカスがチェスマン&ヘルナンデス&鈴木健想組に勝利。

ドクトル・ワグナーJr&オクタゴン&ピンピネーラ組vsエレクトロ・ショック&シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール組は、シルバーがピンピをピンフォール。試合後にはエレクトロとのシングルを希望、5・19で実現することになった。両者の一騎打ちはすでに6・6トリプレマニアでもおこなわれることが決定しており、こちらはAAAメガ選手権試合。5・19はタイトルマッチを見据えての前哨戦となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURA&タイチが「3人目の日本人」登場を示唆

CMLLの4・30アレナ・メヒコでグラン・アルテルナティバの決勝がおこなわれた。

エクトール・ガルサ&ポルボラ組vsボラドールJr&デルタ組の決勝戦は、ポルボラがチョークスラムからボラドールJrをフォールして先制すると、2本目にはデルタがムーンサルトプレスでガルサから3カウントをダッシュという、新星がエストレージャからとる展開に。そして決勝の3本目、ポルボラがボラドールJrを反則攻撃からのピンフォールで退場させ、最後はデルタから勝利。3週に渡り行われたトーナメントは、ガルサ&ポルボラ組の優勝で幕を閉じた。

ブラシート・デ・オロvsペケーニョ・ウォリアーのマスカラ戦は、ウォリアーが勝利。

ダーク・エンジェル&レディ・アパッチェ&ルナ・マヒカ組が、下田美馬&HIROKA&プリンセサ・ブランカ組を破った。

この日のメインは、ミスティコ&ストロング・マン&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマ組vsウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr&OKUMURA&タイチ組の8人タッグマッチ。

1本目はロホJrがミスティコをカベルナリアで破りルード軍が先制。2本目にはOKUMURAがマスカラにブリティッシュフォール、タイチがファンタスマにブラッフメフィストを同時に決め、ルード軍にストレート勝ちをもたらした。

試合後、タイチがマイクをとり日本語でアピール。さらにOKUMURAがスペイン語でマスカラとファンタスマを挑発した。OKUMURAのアピールは「来週、日本の象徴がアレナ・メヒコにやってくる。3人目の日本人といっしょにオマエらのもつCMLL世界6人タッグ王座に挑戦してやる」というもの。

「3人目の日本人」とは、いったい誰か? また、現在の王者はガルサ&マスカラ&ファンタスマ組だが、ガルサのルード転向がささやかれており、正式決定には至っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メフィストがNWA世界ウエルター級王座防衛

CMLLの4・27アレナ・メヒコ大会においてNWA世界ウエルター級選手権試合がおこなわれ、王者のメフィストがラ・マスカラを破り、防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »