« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

12・11ゲラ・デ・ティタネス全対戦カード決定

AAAのビッグショー「ゲラ・デ・ティタネス」が、12月11日、シウダマデロで開催される。

全対戦カードは以下。

① ミニ・バトルロイヤル 出場選手…マスカリータ・ディヴィナ、ミニ・イステリア、マスカリータ・サグラダ、ミニ・チャーリー・マンソン、ミニ・シコシス、ラ・パルキータ、オクタゴンシート、ミニ・アビスモ・ネグロ、ミニ・チェスマン

② エル・エレヒード&エクストリーム・タイガー&ピンピネーラ組vsエレクトロ・ショック&シルバー・キング&ウルティモ・グラディアドール組

③ AAAタッグ選手権試合 <王者>ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組vs<挑戦者>ジャック・エバンス&マルコ・コルレオーネ組

④ マスカラ・コントラ・カベジェラ ファビー・アパッチェvsセクシー・スター

⑤ ラ・パルカ&オクタゴン&ラティン・ラバー&ロッキー・ロメロ組vsチェスマン&エル・ソロ&アレックス・コスロフ&テッド・ハート組

⑥ ストリートファイトマッチ シベルネティコvsコナン

⑦ AAAメガ選手権試合 <王者>ドクトル・ワグナーJrvs<挑戦者>エル・メシアス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12・6ペロス1周年記念大会

ロス・ペロス・デル・マールの1周年記念大会が12月6日、アレナ・ネサでおこなわれる。

メインはペロ・アグアヨJr&ダミアン666&ハロウィンのオリジナルメンバーが、LAパーク&ブルー・デモンJr&グロンXXX組という豪華トリオを迎え撃つ。

セミではシコシス&イステリア&Ⅹフライ組がリスマルクJr&オリエンタル&スペル・ノバ組と対戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOLIMITのカベジェラ戦がおこなわれるビッグショーの全対戦カードが決定

CMLLが11月27日に記者会見をおこない、12・4「シン・サリダ」アレナ・メヒコ大会の全カードを発表した。

① ぺガソ&レイ・コメタ&ロウへ組vsフーリガン&ロコ・マックス&スカンダロ組

② マスカリータ・ドラダvsペケーニョ・ダミアン666

③ ブラソ・デ・プラタ&ラ・マスカラ&マキシモ組vsネグロ・カサス&フェリーノ&ミステリオッソJr組

④ ミスティコ&ストロング・マン&エクトール・ガルサ組vsアトランティス&ウルティモ・ゲレーロ&ミステル・ニエブラ組

⑤ CMLL世界タッグ選手権試合

 <王者>ラ・ソンブラ&ボラドールJr組vs<挑戦者>メフィスト&エフェスト組

⑥ カベジェラ・コントラ・カベジェラ

  テリブレ&テハノJr組vs裕次郎&内藤哲也組

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショッカーがテハノJrのNWA世界ライトヘビー級王座に挑戦へ!

CMLL11・24グアダラハラ大会のメインで、ショッカー&トスカーノ組vsテリブレ&テハノJr組のタッグマッチがおこなわれた。

試合はショッカーがジャーマンスープレックスからテハノJrをピンフォール。ショッカーはテハノJrの保持するNWA世界ライトヘビー級王座への挑戦を表明した。

このアピールがとおり、12・1同所でのタイトルマッチが正式に決定した。

テハノJrは11・19クエルナバカでトスカーノ相手に防衛したばかり。ベルトでショッカー&トスカーノ、髪の毛でNOLIMIT(裕次郎&内藤哲也)に追われているということか。

なお、テリブレ&テハノJr組vsNOLIMITのカベジェラ戦がおこなわれる12・4アレナ・メヒコ「シン・サリダ」のチケットが25日より発売となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカマニア第2戦 ホーガンがフレアーに連勝!

ハルク・ホーガンの新団体、ハルカマニアのオーストラリア・ツアー第2戦が、11月24日、パースで開催された。

おもな試合結果は以下。

オープニングマッチはリキシ&ブライアン・クリストファー組がロック・オブ・ラブに勝利。

シャノン・ムーアがスパルタン3000BC(マット・クロス)を破り開幕戦の雪辱に成功。

ロージーvsピンプ・ファーザ(ゴッドファーザー)vsショーン・モーリー(ヴァル・ビーナス)の3WAYマッチはロージーがファーザをフォール。

ハイデンライク&ブラック・パール&ヴァンパイア・ウォリアー組vsナスティ・ボーイズ&ニック・ディンズモア(ユージーン)組は、サイドウォークスラムからハイデンライクがディンズモアを破った。

オーランド・ジョーダンvsケン・アンダーソン(ミスター・ケネディ)のシングルマッチはジョーダンの勝利。

エドワード・ファトゥ(ウマガ)vsブルータス・ビーフケーキはサモアンスパイクでファトゥが3カウントを奪取した。

メインのハルク・ホーガンvsリック・フレアーはノーDQマッチとしておこなわれ、両者が流血。最後はビッグブーツからジミー・ハートがアシストし、ホーガンが連勝を記録した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12・11シウダマデロの2大カードが決定

AAAの12・11シウダマデロ大会における2大カードが決定した。

AAAメガ選手権試合は、チャンピオンのドクトル・ワグナーJrにエル・メシアスが挑戦。コナンvsシベルネティコの一騎打ちはストリートファイトマッチでおこなわれることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUSHIが王座奪回へ!

全日本から遠征中のT28(現地名BUSHI)が、IWRGの11・26ナウカルパン大会でアビスマンの保持するIWRGインターコンチネンタルライト級王座に挑戦する。

BUSHIは今年2月に奪取し第2代王者となったが、防衛することなく王座から転落、返り咲きを狙う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWRG11・22ナウカルパン ウルトラマンJrとボビー・リーJrに遺恨勃発!

IWRGの11・22ナウカルパン大会のメインは、ボビー・リーJr&スイシーダ&ウルトラマンJr組vsフエルサ・ゲレーラ&ドクトル・セレブロ&グリンゴ・ロコ組の6人タッグマッチだった。

ボビーがIWRGインターコンチネンタルウエルター級王者のフエルサをカバーすると、パートナーのウルトラマンが横取り。最後に3カウントを奪ったのはウルトラマンの方だった。これにはボビーが激怒。11・29同所で一騎打ちをおこなうことになった。この試合で勝った方がフエルサの保持する王座に挑戦する。

11・29のメインは、ラヨ・デ・ハリスコJr&リスマルクJr&アンジェリコ組vsイホ・デ・シエン・カラス&マスカラ・アニョ2000Jr&トキシコ組。ラヨのデビュー35周年記念試合となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日にもアレナ・メヒコ大会を開催!

CMLLが11月21日の土曜日にもアレナ・メヒコ大会を開催した。

これは、スポンサーの提供によるいわゆる売り興行。

セミではアベルノ&メフィスト&エフェストのロス・イホス・デル・アベルノがブルー・パンテル&ラ・マスカラ&ボラドールJr組を破り、メインではミスティコ&ソンブラ&エクトール・ガルサ組が、アトランティス&ウルティモ・ゲレーロ&ネグロ・カサス組から勝利を得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOLIMITの相手が王座防衛

CMLLの11・19クエルナバカ大会にてNWA世界ライトヘビー級選手権試合がおこなわれ、テハノJrがトスカーノを破り、2度目の防衛に成功した。

テハノJrは12・4ビッグショー「シン・サリダ」において、NOLIMIT(裕次郎&内藤哲也組)とタッグによるカベジェラ・コントラ・カベジェラをおこなう(テハノJrのパートナーはテリブレ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL11・20アレナ・ネサ大会

CMLLが11月20日、アレナ・メヒコの金曜定期戦とは別に、アレナ・ネサでも試合をおこなった。

セミではレディ・アパッチェ&ダーク・エンジェル組がアマポーラ&プリンセサ・スヘイ組に勝利。

メインはミスティコ&ラ・マスカラ&ボラドールJr組vsネグロ・カサス&フェリーノ&テハノJr組で、ミスティコがテハノJrを破っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11・20オリサバ大会 シベルネティコ孤立無援

AAAの11・20オリサバ大会、おもな試合結果。

エル・エレヒード&ロッキー・ロメロ組vsアレックス・コスロフ&ダーク・オズ組は、コスロフがロメロをピンフォールしたが、急所攻撃による反則が発覚。判定が覆り、ロメロの反則勝ちとなった。

シベルネティコが登場しアピールすると、レヒオン・エクストランヘラのメンバーが全員でシベルを取り囲み暴行を加えた。そのなかには前大会でチームを作り、今大会のメインでも組むはずのジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオの姿もあった。

シベルを救出するものは現れず、結局シベルは欠場に。シベルのところにはコナンが入ることになった。

これにより、メインはエル・メシアス&ラティン・ラバー&マルコ・コルレオーネ組vsコナン&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組の6人タッグに変更。試合はラティンがマヒストラルでリーダーを丸め込んだ。

なお、セミは11・18サンルイスポトシ大会の再戦。ドクトル・ワグナーJr&シルバー・キング&エレクトロ・ショック組がチェスマン&エル・ソロ&テッド・ハート組を破った。最後はワグナーJrがチェスマンから3カウントを奪っており、前回と同じ結果となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOLIMITがタッグカベジェラ戦の前哨戦で完勝!

CMLL11・20アレナ・メヒコ大会のセミファイナルで、OKUMURA&裕次郎&内藤哲也組vsテリブレ&テハノJr&バンジェリス組の6人タッグマッチがおこなわれた。

この試合は、12・4ビッグショー「シン・サリダ」のタッグカベジェラ戦の前哨戦でもある。

1本目、OKUMURAと裕次郎がテハノJrを押さえ込み、日本軍が先制。

2本目にはテリブレ&テハノJrが裕次郎からとり返し、メキシコ軍がイーブンに持ち込んだ。

そして決勝の3本目、NOLIMITがテハノJrを退場させ、最後はダブルのパワーボムでテリブレをピンフォールし、カベジェラ戦に向けて絶好調ぶりをアピールした。

次週の11・27でも同一カードによる前哨戦が予定されている。

メインはミスティコ&ショッカー&ストロング・マン組vsネグロ・カサス&フェリーノ&アベルノ組。

1本目はストロング・マンがパワースラムからカサスを退場させ、ショッカーがパワーボムでフェリーノからピンフォール。2本目にはミスティコのミスティカがアベルノに極まり、テクニコ軍が圧勝した。

また、第4試合のブルー・パンテル&ボラドールJr&ラ・ソンブラ組vsメフィスト&エフェスト&ヴィールス組でメフィスト組が勝利。CMLL世界タッグ王者のボラドールJr&ソンブラ組が敗れたことで、前王者を含むメフィスト&エフェスト組が次期挑戦者候補として急浮上した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11・18サンルイスポトシ大会

AAAの11・18サンルイスポトシ大会、おもな試合結果。

グラン・アパッチェ&マリー・アパッチェの父娘がエル・ブラソ&エチセラ組に勝利。

アレックス・コスロフ&ダーク・オズ組がエル・エレヒード&ロッキー・ロメロ組を破った。

ジャック・エバンスvsテッド・ハートの元パートナー対決が急きょ実現。試合はニチョ・エル・ミジョナリオとジョー・リーダーの度重なるアシストからハートが勝利。試合が終わってもルード軍がエバンスを攻め続けると、マルコ・コルレオーネがエバンスを救出した。

ダメージの大きいエバンスは当初予定されていた次の6人タッグマッチに出場できず、そのままコルレオーネがリングに上がった。

これにより、セミはエル・メシアス&ラ・パルカ&コルレオーネ組vsシベルネティコ&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組に変更。最後はメシアスがF5からシベルをフォールしてみせた。

その後、コナン、コスロフ、ハート、チェスマンが現れシベルと対峙し乱闘へ。さらにはエル・ソロが背後からイスでシベルを殴打した。

その後、復活したシベルがコスロフにチョークスラムをお見舞いし、コナンとのシングルマッチをアピールした。決着の場はビッグショー「ゲラ・デ・ティタネス」か?

メインはドクトル・ワグナーJr&エレクトロ・ショック&シルバー・キング組vsチェスマン&エル・ソロ&テッド・ハート組で、ワグナーJrがチェスマンからピンフォールを奪った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12・19アカプルコが決定

ロス・ペロス・デル・マールの12・19アカプルコ大会が決定した。

セミファイナルはアレブリヘ&エル・アンヘル&オリエンタル組vsミステル・アギラ&シコシス&イステリア組の6人タッグマッチ。

メインではペロ・アグアヨJr&ダミアン666&ハロウィンのオリジナルペロスがチャーリー・マンソン&LAパーク&リスマルクJr組と激突する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報!ハルカマニア旗揚げ戦

ハルク・ホーガンの新団体ハルカマニアが11月21日、オーストラリアのメルボルンで旗揚げ戦を開催した。復帰戦となるリック・フレアーは、メインでホーガンとのシングルマッチをおこなっている。

おもな試合結果は以下。

オープニングマッチでニック・ディンズモア(ユージーン)&ザ・ピンプ組がロック・オブ・ラブに勝利。

マット・クロス(MーDOGG20)、ブルータス・ビーフケーキ、ケン・アンダーソン(ミスター・ケネディ)が、シャノン・ムーア、ジョン・ハイデンライク、ショーン・モーリーをそれぞれ破った。

リキシ&ブライアン・クリストファー組がエドワード・スミス・ファトゥ(ウマガ)&オーランド・ジョーダン組に勝利。

シリーズ全戦でメインとなるホーガンvsフレアーの第1ラウンドは、ホーガンの先勝。

シリーズ「レット・ザ・バトル・ビギン」は24日パース、26日ブリスベン、28日シドニーまでつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本とCMLLが業務提携

新日本の菅林直樹社長とタイガー服部海外渉外担当が、CMLL代表フランシスコ・アロンソ氏と会談をおこない、新日本プロレスとCMLLの業務提携が決定。11月20日、新日本のホームページにて発表された。

具体的には明らかにされなかったものの、正式な提携により、これまで以上に両団体の選手交流が活発になることが考えられる。

新日本からは現在、NOLIMITの裕次郎&内藤哲也がCMLLマットで活躍しているが、シリーズオフには中邑真輔や棚橋弘至のメキシコ参戦もありえるという。

また、CMLLのソンブラやウルティモ・ゲレーロ、また、NOLIMITと抗争を展開中のテリブレ&テハノJrが来日候補としてリストアップされているようだ。

今後の発表に注目!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLLがNOLIMITのカベジェラ戦を発表!

CMLLが11月19日、記者会見をおこない、12・4アレナ・メヒコ大会をビッグショー「SIN SALIDA(シン・サリダ)」にすると発表した。

この大会のメインで、NOLIMIT(裕次郎&内藤哲也組)vsテリブレ&テハノJr組のカベジェラ・コントラ・カベジェラが実現。

また、ヴィールスをリーダーとする新ユニットの結成も決定。ヴィールス、エウフォリア、ポルボラ、カンセルべーロ、ラシエルの5人がLOS CANCERBEROS DEL INFIERNO(ロス・カンセルベロス・デル・インフィエルノ)として活動するという。カンセルベーロとラシエルはCMLLデビューとなる。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL11・16プエブラ ボラドールJrがアベルノとタイトルマッチの再戦か

CMLLの11・16プエブラ大会のメインは、ミスティコ&ストロング・マン&ボラドールJr組vsアベルノ&テリブレ&テハノJr組。試合はボラドールJrがアベルノをフォールし、テクニコ軍が2-0のストレート勝ちをおさめた。

この結果により、ボラドールJrがアベルノの保持するNWA世界ミドル級王座に挑戦する可能性が高まっている。このタイトルマッチは10・23アレナ・メヒコでもおこなわれており、このときはアベルノが王座防衛に成功した。また、ボラドールJrはアベルノのCMLL世界ミドル級王座にも06年から07年にかけて挑戦しているが、3戦全敗を喫している(現在の王者はイホ・デル・ファンタスマ)。ボラドールJrからすればこんどこその思いが強いが…。

セミではOKUMURA&裕次郎&内藤哲也組がマスカラ・ドラダ&ショッカー&トスカーノ組と対戦。試合は日本軍の暴走でドラダ組が勝利している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURAがマキシモとのカベジェラ戦で勝利

CMLLの11・15アレナ・メヒコ大会のセミファイナルで、マキシモvsOKUMURAのカベジェラ・コントラ・カベジェラがおこなわれた。

きっかけは1ヶ月前のアレナ・コリセオだった。マキシモの熱いキスにOKUMURAが急所蹴りからの反則負けで返答。これに対し、オカマキャラのマキシモは「髪切りマッチをやってやる」とアピールしたのである。

翌週の再戦もOKUMURAがマキシモに急所蹴り。こんどはレフェリーのブラインドを突いた反則攻撃で、OKUMURAがマキシモから3カウントを奪ってみせた。OKUMURAは「いつでもどこでもやってやる」と応戦。カベジェラ戦も受けて立つとの構えをみせた。

さらに11・8のコリセオでは裕次郎&内藤哲也のNOLIMITがOKUMURAに代わりマキシモと対戦。試合はNOLIMITがマキシモを集中的に狙っての大暴走から反則負けを喫した。この試合後、マキシモは「オマエらじゃなくてOKUMURAとカベジェラ戦をやらせろ」と猛アピール。これにより、今回のカベジェラ戦が正式決定したのだ。

試合はOKUMURAがマキシモへのトケ・エスパルダスで先制。2本目にはマキシモがスモールパッケージでイーブンに戻した。そして迎えた決勝の3本目、OKUMURAがブリティッシュフォールからピンフォールを奪い、勝利した。

過去にはネグロ・カサス(04年12月5日)、レイ・ブカネロ(06年6月18日)に敗れて丸坊主にされたOKUMURAだが、髪の毛をかけたシングルマッチではマキシモ戦が初勝利。今後はテリブレ&テハノJr組とのカベジェラ戦が濃厚なNOLIMITのサポートにまわるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドス・カラスJrがドス・カラスJrに

WWE契約下にありFCWで1軍昇格をめざしているドス・カラスJr。

素顔のアルベルト・バンデラスとして活動していたが、11月14日の大会よりふたたびマスクを被り、ドス・カラスJrとしての活動を再開した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE11・15ベルファスト公演 メインはキャスケット(棺桶)マッチ

WWEスマックダウン&ECWブランドの欧州公演「アンダーテイカー・レスト・イン・ピース・ツアー」が11月15日、北アイルランドのベルファストで開催された。おもな試合結果は以下。

マット・ハーディー、R-トゥルース、ドリュー・マッキンタイヤー、ジョン・モリソン、クリスチャンがエリック・エスコバー、ドルフ・ジグラー、フィンレー、レイ・ミステリオ、ウイリアム・リーガルにそれぞれ勝利。

ミッキー・ジェームス&ケイティ・リー組がミッシェル・マクール&べス・フェニックス組を破った。

メインはジ・アンダーテイカーvsCMパンクのキャスケットマッチ。試合はアンダーテイカーがパンクを葬っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報! OKUMURAが髪の毛を守る!

CMLLの11・15アレナ・メヒコ大会において、OKUMURAがマキシモとのカベジェラ・コントラ・カベジェラを制し、相手を丸坊主にすることに成功した。OKUMURAはカベジェラ戦初勝利。詳細は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOLIMITとテリブレ&テハノJrでカベジェラ戦か!?

NOLIMITの裕次郎&内藤哲也組が、タッグでのカベジェラ・コントラ・カベジェラをおこなう可能性が高まっている。

きっかけとなったのは11・13アレナ・メヒコでのセミファイナル。

この試合は6人タッグだったのだが、OKUMURAを加えた日本軍がロス・イホス・デル・アベルノに2-0のストレート勝利。2本目には内藤が急所攻撃からテリブレを退場させ、アベルノ軍がクレームをつけたところで裕次郎がテハノJrをこれまた急所攻撃から丸め込んだ。

度重なる反則攻撃に、ルードであるはずのテリブレとテハノJrが猛抗議、髪の毛をかけての決着戦をアピールしたのである。

これにより、裕次郎&内藤組vsテリブレ&テハノJr組のカベジェラ戦が決定的な状況。12月上旬のアレナ・メヒコ金曜定期戦でおこなわれそうだ。

なお、次週(11・20)のアレナ・メヒコにもNOLIMITが登場。OKUMURA&裕次郎&内藤哲也組vsテリブレ&テハノJr&ヴァンジェリス組の6人タッグマッチが決まった。この試合で一気にカベジェラ戦が正式決定するかもしれない。

また、アベルノ軍のボスであるアベルノはメインでネグロ・カサス&フェリーノのカサスファミリーと合体。あえてミスティコ&ストロング・マン&ショッカー組の正規軍と対戦することになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL11・13アレナ・メヒコ 日本軍がアベルノ軍にストレート勝ち!

CMLLの11・13アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

三田英津子の引退で猛武闘賊を解散した下田美馬がメキシコにカムバック。下田はアマポーラ&ジェスカとのトリオでレディ・アパッチェ&ジュビア&エストレージャ・マヒカ組と対戦した。試合はアパッチェのテクニカ軍が勝利。

セミファイナルではOKUMURA&裕次郎&内藤哲也組がロス・イホス・デル・アベルノのアベルノ&テリブレ&テハノJr組と対戦。1本目はRKOでOKUMURAが大将のアベルノを直接ピンフォール。2本目には裕次郎がテハノJrを丸め込み、日本軍が2-0のストレート勝利をかっさらった。2日後の11・15アレナ・メヒコではOKUMURAがマキシモとカベジェラ・コントラ・カベジェラをおこなうことになっている。

OKUMURAの相手となるマキシモはこの日、セミ前の第4試合に登場。ラ・マスカラ&ソンブラと組んでメフィスト&エフェスト&ヴィールス組と対戦し、試合には敗れている。

メインはミスティコ&ストロング・マン&エクトール・ガルサ組vsウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&ネグロ・カサス組。1本目は、ゲレーロとアトランティスが合体スープレックスでストロング・マンから3カウントをゲットし、ルード軍が先制した。2本目にはストロング・マンがカサスを破りイーブンへ。そして決勝の3本目は、ミスティコが鮮やかなミスティカを極めてゲレーロからギブアップ勝ち。ミスティコが11・1グアダラハラにおける一騎打ちの憂さを晴らすとともに、テクニコ軍が逆転勝ちを飾った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE11・12ライプチヒ公演

WWEスマックダウン&ECWブランドの「アンダーテイカー・レスト・イン・ピース・ツアー」が英国からドイツへ移動。11・11シュツットガルトを経て、12日にはライプチヒ公演を開催した。おもな試合結果は以下。

ジョン・モリソンが3WAYマッチでマット・ハーディー、ドルフ・ジグラーに勝利。

シェルトン・ベンジャミン&ゴールダスト組がザック・ライダー&エゼキエル・ジャクソン組を破った。

ドリュー・マッキンタイヤー、クリスチャン、Rトゥルースがフィンレー、ウイリアム・リーガル、エリック・エスコバーにそれぞれ勝利。

ミッキー・ジェームス&ケイティ・リー組がべス・フェニックス&ミッシェル・マクール組を撃破。

レイ・ミステリオとバティースタの一騎打ちは、ミステリオの反則勝ち。

メインではジ・アンダーテイカーがCMパンクから勝利を奪った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAAクルーザー級タイトルマッチ

AAAの11・8クリカン大会でAAAクルーザー級選手権試合がおこなわれ、王者のエクストリーム・タイガーがジョー・リーダーを破り、王座防衛に成功した。

メインはシベルネティコ&エル・エレヒード組vsチェスマン&エル・ソロ組のタッグマッチ。試合はシベルがエレヒードと仲間割れを起こし、チェスマン組の反則勝ちが宣告された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカマニアの対戦カード決定 ホーガンvsフレアー!!

TNAと契約をかわしたハルク・ホーガンの新団体ハルカマニアが予定通りにオーストラリア遠征を開催。「レット・ザ・バトル・ビギン」シリーズ開幕戦となる11・21メルボルン大会の対戦カードが発表された。

① ニック・ディンズモア(ユージーン)&チャールズ・ライト(ゴッドファーザー)組vsロック・オブ・ラブ

② シャノン・ムーアvsマット・クロス

③ ザ・ナスティ・ボーイズwithジミー・ハートvsバンパイア・ウォリアー(ギャングレル)&ブラック・パール組

④ ブルータス・ビーフケーキwithジミー・ハートvsハイデンライク

⑤ レイシー・フォン・エリックvsコア・マリー・ターナーvsキアラ・ディロンvsステファニー・ピエッツ

⑥ ショーン・モーリー(バル・ビーナス)vsケン・アンダーソン(ミスター・ケネディ)

⑦ オーランド・ジョーダン&エドワード・スミス・ファトゥ(ウマガ)組vsソロファ・ファトゥJr(リキシ)&ブライアン・クリストファー組

⑧ リック・フレアーvsハルク・ホーガン

このツアーは11・21メルボルンでスタートし、11・24パース、11・26ブリスベン、11・28シドニーの全4戦がおこなわれることになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWEロウ11・11ロンドン公演

WWEロウブランドの「DXインベージョンツアー」が11月11日、英国ロンドンに上陸した。

おもな試合結果は以下。

クリス・ジェリコがバトルロイヤルを制し、WWE王座の挑戦権を獲得。

ポール・バーチル、ザ・ミズ、エヴァン・ボーン、ランディ・オートンがザ・ハリケーン、MVP、チャボ・ゲレロ、コフィ・キングストンにそれぞれ勝利。

ゲイル・キム&メリーナ組がジリアン・ホール&アリシア・フォックス組を破った。

ショーン・マイケルズ&HHHのDXは、コーディ・ローデス&テッド・デビアスJrに勝利。

メインのタイトルマッチはジョン・シーナがクリス・ジェリコを退けて王座防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナンvsコナン・ビッグ

AAAの11・8モンテレイ大会でコナンとコナン・ビッグが6人タッグマッチで激突した。

カードはコナン・ビッグ&ラティン・ラバー&Xパック組vsコナン&鈴木健想&ニチョ・エル・ミジョナリオ組で、コナン・ビッグがコナンから勝利を飾った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクトル・セレブロが今年2度目の丸坊主…

IWRGの11・8ナウカルパン大会でカベジェラ・コントラ・カベジェラがおこなわれ、マイク・セグーラに敗れたドクトル・セレブロが丸坊主にされた。

セレブロは今年3度目のカベジェラ戦で2回敗退。1月1日にセレブロ・ネグロを坊主にしたが、2月19日にはフリーランスに敗れている。そして今回、9ヵ月ぶりのカベジェラ戦でまたもや丸坊主にされてしまった。

ちなみに、闘龍門ジャパンで来日経験のあるセレブロが素顔になったのは2001年の3月1日。エル・イホ・デル・サントとのマスカラ戦に敗れてマスクを失った。

11・8ではフロール・メタリカvsラ・ディアボリカの女子のシングルマッチもおこなわれ、江本敦子を丸坊主にしたばかりのメタリカが勝利。こんどはディアボリカとのマスカラ・コントラ・カベジェラが浮上しているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL世界スーパーライト級選手権試合

CMLLの11・8グアダラハラ大会でCMLL世界スーパーライト級選手権試合がおこなわれ、マスカラ・ドラダがドラゴン・ロホJrを破り、2度目の防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11・8コリセオでNOLIMITが大暴走!

CMLLの11・8アレナ・コリセオ大会でレイ・メンドーサJrが欠場。代わりにサングレ・アステカが裕次郎&内藤哲也のNOLIMITと結託し、セミファイナルに登場した。

NOLIMIT&アステカ組の相手はブルー・パンテル&マキシモ&バリエンテ組。試合はNOLIMITがマキシモに狙いを定めて大暴走。試合こそテクニコ軍がストレート勝ちとなったが、インパクトではNOLIMITが強烈なものを残してみせた。

翌週の11・15はコリセオではなく、アレナ・メヒコ。この大会のセミでマキシモvsOKUMURAのカベジェラ・コントラ・カベジェラがおこなわれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国シェフィールドから「ロウ」をオンエア

欧州ツアーを展開中のWWEが11月9日、英国シェフィールドからロウのTVショー(録画中継)をおこなった。

※ネタバレのため、テレビ放送をご覧になる方は注意!

今回のゲストホストはボクシング、元IBF世界ライトヘビー級王者のリッキー・ハットン。DXvsクリス・ジェリコ&ビッグ・ショー組をおこなうとアナウンス。

① ●ケリー・ケリーvsアリシア・フォックス

② ○シェーマスvsローカル選手=デイヴィッド・デビル●

(デビルはLDNの英国ヘビー級王者)

③ ○エヴァン・ボーンvsジャック・スワガー●

④ ○ランディ・オートンvsマーク・ヘンリー●

⑤ 異種格闘技戦

 ○リッキー・ハットンvsチャボ・ゲレロ●

⑥ ○DX(ショーン・マイケルズ&HHH)vsクリス・ジェリコ●&ビッグ・ショー

⑦ ボーナストラック

○ジョン・シーナ&ショーン・マイケルズ&HHH組vsクリス・ジェリコ&ビッグ・ショー&ランディ・オートン組●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DRAGON GATE参戦の11・1オックスフォード

DRAGON GATEが11月1日、英国のAマーチャンダイズ主催興行「DRAGON GATE INVASION:UK」に参戦した。

イギリス、オックスフォード、ザ・リーガル

① 堀口元気&○斎藤了組vsジョニー・ストーム&●マーティ・スカール組

② ●KAGETORAvsマーク・ハスキンス○

③ ○ドラゴン・キッドvs吉野正人●

④ ○横須賀享vsSHINGO●

⑤ 土井成樹&B×Bハルク&○PAC組vsCIMA&●マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組

※大会の模様は後日詳報します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DRAGON GATE参戦の10・31ドイツwXw

DRAGON GATEが10月31日、ドイツのwXw(ウエストサイドエクストリームレスリング)「OPEN THE GERMAN GATE」に参戦した。

ドイツ、オーバーハウゼン、トゥルビネンハレー

ダークマッチ

●エックスマンvsDJ・マルセーロ○

○ジョニー・キッドvsエミール・スノッド●

① ○マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組vs●トミー・エンド&マーク・ハスキンス組

② ○KAGETORAvsバッド・ボーンズ●

③ 4WAYマッチ

エル・ジェネリコvs●ドラゴン・キッドvs○横須賀享vs吉野正人

④ ○CIMAvsマイク・クォッケンブッシュ●

⑤ ○土井成樹&B×Bハルク&ザック・セイバーJr組vs●堀口元気&斎藤了&エミール・シトシ組

⑥ wXw世界ヘビー級選手権試合

○<王者>アブソリュート・アンディvs<挑戦者>SHINGO●

※王者が防衛に成功。

※大会の模様は後日詳報します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DRAGON GATE参戦の10・30バルセロナ

DRAGON GATEが10月30日、スペインのSWA(スーパーレスリングアライアンス)に参戦した。

スペイン、バルセロナ、ラス・コチェス・デ・サンツ

① 堀口元気&○斎藤了組vsザック・セイバーJr&●ローニン・ライダー組

② ○リー・フリンvsカズカヌエゼス●

③ ●コリン・マッケイvsノーム・ダー○

④ ○SHINGO&ドラゴン・キッド組vsマット・ジャクソン&●ニック・ジャクソン

⑤ 4WAYマッチ PACvsモンドリルvsモービッドvs○ショーン・サウス

退場順(1)モンドリル(2)PAC(3)ジェネリコ 

⑥ ○マイク・クォッケンブッシュvsポール・トレイシー●

⑦ ○土井成樹&吉野正人&B×Bハルク組vsCIMA&横須賀享&●KAGETORA組

※大会の模様は後日詳報します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE11・8リバプール公演

11月8日、WWEロウブランドによる「DXインベージョンツアー」が英国リバプールで開催された。おもな試合結果は以下。

コフィ・キングストン、ザ・ハリケーン、シェーマス、ジャック・スワガー、ザ・ミズ、サンティーノ・マレラがクリス・マスターズ、ポール・バーチル、プリモ・コロン、エヴァン・ボーン、MVP、チャボ・ゲレロにそれぞれ勝利。

ディーバのタッグマッチはメリーナ&ケリー・ケリー組がジリアン・ホール&アリシア・フォックス組を破った。

クリス・ジェリコがマーク・ヘンリーとのシングルマッチで反則負け。

ショーン・マイケルズ&HHHのDXがメインでジョン・シーナとトリオを結成。ランディ・オートン&テッド・デビアス&コーディ・ローデス組のレガシーを破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKUMURAがカベジェラ戦に挑む!

CMLLのOKUMURAが11月15日、マキシモとのカベジェラ・コントラ・カベジェラに臨むことになった。

この試合は日曜アレナ・メヒコのセミファイナルとしておこなわれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末はNOLIMITvsイホス・デル・アベルノか!?

CMLLの11・6アレナ・メヒコ大会、おもな試合結果。

セミはメフィスト&テリブレ&テハノJr組vsレイ・メンドーサJr&裕次郎&内藤哲也組。1本目にメンドーサJrをオーバー・ザ・トップロープで投げ捨てメフィストに反則負け。2本目にはメフィスト組が3人がかりのパワーボムで裕次郎を押さえ、3カウントを奪った。これにより、試合は2-0でメフィスト組が勝利した。

現在、NOLIMIT&レイ・メンドーサJr組とロス・イホス・デル・アベルノ(アベルノ&メフィスト&エフェストがオリジナルメンバー。テリブレ&テハノJrが構成員)の抗争が激化している。NOLIMITサイドはOKUMURAを加えた4人がメンバーといっていい構成になっており、年末に向けてこの抗争がビッグカードに昇華する可能性が高まっている。

メインイベントは、ブラソ・デ・プラタ&ショッカー&ソンブラ組vsアトランティス&ウルティモ・ゲレーロ&ネグロ・カサス組。1本目はカサスとアトランティスがダブルの空中弾でショッカーをフォール。2本目にはショッカーがカシータ(ラ・マヒストラル)でゲレーロから3カウントを奪いタイに戻した。決勝の3本目はアトランティスが伝家の宝刀アトランティーダでショッカーからギブアップをゲットし、2-1でルード軍が勝利した。この試合は、3本すべてがショッカーがらみだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWEアンダーテイカー・レスト・イン・ピース開幕 ヨシ・タツも欧州へ

WWEのロウとスマックダウンが同時期にヨーロッパをサーキット。ロウが「DXインベージョンツアー」と題した公演をおこなえば、スマックダウン&ECWは「アンダーテイカー・レスト・イン・ピース」と銘打った公演を開催した。

スマックダウンブランドは11・5ドイツのフランクフルトで開幕。2日目のデュッセルドルフ大会のおもな試合結果は以下のとおり。

クライム・タイムがハート・ダイナスティーに勝利。ナターリアがディーババトルロイヤルで勝ちぬき。

エゼキエル・ジャクソン、ヨシ・タツ、ジョン・モリソン、クリスチャン、ミッシェル・マクールがゴールダスト、ウイリアム・リーガル、ドルフ・ジグラー、ザック・ライダー、ナターリアにそれぞれ勝利。

3WAYマッチではマット・ハーディーがバティースタとレイ・ミステリオを退けた。

メインではジ・アンダーテイカーがCM・パンクを破っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWEロウブランド11・5グラスゴー公演

WWEのロウブランド「DXインベージョンツアー」がアイルランドから英国スコットランドに上陸。11月5日にグラスゴー公演を開催した。

おもな試合結果は以下。

エヴァン・ボーン、ジャック・スワガー、ポール・バーチル、シェーマス、マーク・ヘンリー、メリーナがチャボ・ゲレロ、サンティーノ・マレラ、ザ・ハリケーン、プリモ・コロン、クリス・マスターズ、アリシア・フォックスにそれぞれ勝利。

ザ・ミズが3WAYマッチでコフィ・キングストン、MVPを破った。

ショーン・マイケルズ&HHH&ジョン・シーナ組が、メインでランディ・オートン&コーディ・ローデス&テッド・デビアスJr組から勝利した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWEロウの「DXインベージョンツアー」がアイルランドでスタート

WWEロウブランドのヨーロッパ遠征「DXインベージョンツアー」が11月4日、アイルランドのダブリンでスタートした。

おもな試合結果は以下。

ジャック・スワガーがバトルロイヤルで勝ちぬき、メインでおこなわれるWWEヘビー級選手権試合の挑戦者に決定。

ホーンスワグル、シェーマス、ザ・ミズ、メリーナ、マーク・ヘンリー、ランディ・オートンがチャボ・ゲレロ、エヴァン・ボーン、MVP、アリシア・フォックス、クリス・マスターズ、コフィ・キングストンにそれぞれ勝利。

ショーン・マイケルズ&HHHのDXがコーディ・ローデス&テッド・デビアスJrを破った。

メインではジョン・シーナがバトルロイヤルから勝ち上がったジャック・スワガーを破り、WWE世界ヘビー級王座の防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクタゴンが飲酒運転で逮捕! シベルネティコはヌード写真流出

AAAのオクタゴンが11・1モンテレイ大会の試合後、飲酒運転のため逮捕された。オクタゴンは友人に会い酒を飲んだあとに運転。路上に乗り上げてしまう事故を起こし、検査により飲酒運転が発覚した。オクタゴンは飲酒の事実を認めてはいるものの、体調に変化はなかったと主張しているという(いずれにしても飲酒運転は許されるものではないが)。

また、シベルネティコのヌード写真がネット上に流出し、こちらも騒ぎになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内藤とメフィストのシングルマッチ

NOLIMITの内藤哲也とメフィストが、CMLLの11・3アレナ・メヒコでシングルマッチをおこなった。この試合はセミファイナルで実現し、メフィストが先制に成功。2本目、メフィストがデビルウイングの体勢に入ると裕次郎とOKUMURAが乱入、これが反則をとられ、メフィストがストレート勝ちをおさめた。

セミのフラッシュ&メトロ&ストゥーカJr組vsエウフォリア&OKUMURA&ヴァンジェリス組はフラッシュ組の勝利。

メインではミスティコ&ボラドールJr&マスカラ・ドラダ組がネグロ・カサス&フェリーノ&エフェスト組を破っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL世界タッグ選手権試合

CMLLの11・2プエブラ大会でラ・ソンブラ&ボラドールJr組がテリブレ&テハノJr組の挑戦を退け、CMLL世界タッグ王座の防衛に成功した。

王者組は1・16アレナ・メヒコでアベルノ&メフィスト組からベルトを奪取して以来、6度目の防衛に成功。1年間守り通す長期政権が見えてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャック・エバンスとテッド・ハートがシングルで激突

AAAの11・1モンテレイ大会でジャック・エバンスとテッド・ハートが一騎打ちをおこなった。

この試合はメインイベントで、両軍陣営が入り乱れる中、エバンスが勝利。結果的にはエバンスが勝ったものの、元パートナー同士の遺恨は深まるばかりだった。

セミではコナン&チェスマン&エル・ソロのレヒオン・エクストランヘラがオクタゴン&アラン・ストーン&マルコ・コルレオーネ組に勝利。このあと、オクタゴンが不祥事を起こすことになろうとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスティコとU・ゲレーロが一騎打ち OKUMURAがコリセオで勝利

CMLLの11・1グアダラハラ大会にてIWGPジュニアヘビー級王者のミスティコとCMLL世界ヘビー級王者のウルティモ・ゲレーロがシングルマッチをおこなった。どちらも獣神サンダー・ライガーが遠征中に挑戦した相手である。

試合はゲレーロが混乱のなか、自分からマスクを脱いでミスティコにトス。気づいたレフェリーはミスティコがマスク剥ぎをおこなったとみなし、ゲレーロの反則勝ちを宣告した。ミスティコが怒りまくったのはいうまでもない。

なお、同日にはメキシコシティーのアレナ・コリセオでもCMLLは定期戦を開催。セミにOKUMURAが出場し、エフェスト&サングレ・アステカとのトリオでブルー・パンテル&マキシモ&トスカーノ組と対戦した。試合はOKUMURAがマキシモをピンフォールしルード軍に勝利をもたらしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10・30アレナ・メヒコ ナショナルウェルター級戦

CMLLの10・30アレナ・メヒコにてナショナルウェルター級選手権試合がおこなわれ、王者のバリエンテがドラゴン・ロホJrを破り、同王座の初防衛に成功した。

メインではNOLIMITの裕次郎&内藤哲也がレイ・メンドーサJrとのトリオでブラソ・デ・プラタ&エクトール・ガルサ&ショッカー組と対戦。最後はプラタがメンドーサJrをフォールし、テクニコ軍が勝利を得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァル・ビーナスの参戦が延期

CMLLは元WWEヴァル・ビーナスの参戦を延期したと発表。個人的な理由で当初の予定よりも参戦が遅れることになるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10・30モンテレイ 金網マスカラ戦

10月30日、モンテレイでの大会で8人参加による金網マスカラ・コントラ・マスカラがおこなわれた。

試合はペロ・アグアヨJr、LAパーク、アニバル、アクセル、ティニエブラスJr、イホ・デ・シエン・カラス、マスカラ・アニョ2000Jrがエスケープに成功。最後まで金網内に取り残されたマテマティコJrが素顔になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お詫び

すいません。海外出張に出ていたため休止していました。

まもなく復活します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »