トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ライガー、ミスティコのIWGPジュニア前哨戦

IWGPジュニアヘビー級王座をかけ激突するミスティコと獣神サンダー・ライガーが、待ったなしの前哨2連戦。

9・26アカプルコではライガーがネグロ・カサスとのコンビでミスティコ&エクトール・ガルサ組と対戦した。試合は、カサスが「アニベルサリオ76」でミスティコに坊主にされたこともあり大荒れ。最後はライガーがミスティコへの急所攻撃で反則負けをとられた。

翌日の9・27グアダラハラではミスティコ&ショッカー&トスカーノ組vsライガー&裕次郎&テハノJr組の6人タッグがおこなわれ、ミスティコ組が勝利。ミスティコがミスティカでテハノJrからギブアップを奪っての決着だった。

9・28プエブラ、タイトルマッチの行方やいかに!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TNAが初のドイツ遠征

TNA初のドイツ・ツアーが9月25日、ニュルンブルクでスタートした。

9・26ケムニッツのおもな試合結果は以下。

ベルベット・スカイがテイラー・ワイルド、アッサム・コングとの3WAYマッチで勝利。

ライノがヘルナンデスにフォール勝ち。

ビアマネーインクがブリティッシュインベージョンを破った。

サモア・ジョーがジェイ・リーサルにシングルマッチで勝利。

メインはアビス&チーム3D組vsカート・アングル&ブッカーT&スコット・スタイナー組で、アビス組がアングル組に勝利した。

ドイツ・ツアーは9・29ドルムンド、9・30ハノーバーとつづき、10・2ではチューリッヒで初のスイス大会を開催。ツアー最終戦はアイルランドで、10・3ダブリン大会となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE9・26グアダラハラ公演

WWEロウブランドの中南米ツアーが9月26日、メキシコのグアダラハラで最終戦を迎えた。

試合結果は以下。

エヴァン・ボーン、サンティーノ・マレラ、ミッキー・ジェームス、ザ・ミズ、マーク・ヘンリー、MVPがチャボ・ゲレロ、エリック・エスコバール、アリシア・フォックス、プリモ・コロン、ジャック・スワガー、クリス・マスターズにそれぞれ勝利。

セミではHHH&ショーン・マイケルズのDXがテッド・デビアス&コーディ・ローデス組を破った。

メインはジョン・シーナvsランディ・オートンの一騎打ちで、シーナが勝利している。

Guadalajara_400_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE9・25レオン公演

WWEのロウブランドがグアテマラからメキシコに上陸。9月25日にレオン公演を開催した。

おもな試合結果は以下。

マーク・ヘンリー、ザ・ミズ、MVPがクリス・マスターズ、サンティーノ・マレラ、ジャック・スワガーにそれぞれ勝利。

メインではDXとジョン・シーナが合体し、ザ・レガシー(ランディ・オートン&テッド・デビアス&コーディ・ローデス組)を破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWEスマックダウン&ECW9・26パリ公演初日

WWEのスマックダウン&ECWブランドがパリに上陸。

2連戦の初日が9月26日におこなわれた。

おもな試合結果は以下。

ジョン・モリソン、クリスチャン、エゼキエル・ジャクソンがケイン、ウイリアム・リーガル、ゴールダストにそれぞれ勝利。

メインは6人タッグマッチで、ジ・アンダーテイカー&バティースタ&マット・ハーディー組がクリス・ジェリコ&CMパンク&ビッグショー組を破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWE9・24グアテマラ公演

WWEのロウブランドが9月24日、グアテマラのグアテマラシティーで試合をおこなった。

おもな結果は以下。

エヴァン・ボーンがホーンスワグルの乱入からチャボ・ゲレロにフォール勝ち。

マーク・ヘンリー、ジャック・スワガーがクリス・マスターズ、プリモ・コロンからそれぞれ勝利。

メインではジョン・シーナvsランディ・オートンのWWEヘビー級選手権試合がおこなわれたが、途中でコーディ・ローデスが乱入し、挑戦者をアシスト。ここへHHHが加わりシーナを救出すると、試合はタッグマッチに変更となった。最後はHHHがローデスにペディグリーを決め、3カウントを奪った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裕次郎&OKUMURA組がワンナイトトーナメントで優勝!

CMLLの9・25アレナ・メヒコ大会で、ビッグネームと若手がタッグを組むトーナメント「トルネオ・ラ・グラン・アルテルナティバ」がおこなわれた。

日本人では裕次郎が唯一エントリーされたのだが、入場時にパートナーのセメンタルをOKUMURAとともに襲撃。裕次郎はOKUMURAと組んでの参戦を強引に決めさせてしまった。

裕次郎&OKUMURA組は1回戦でトスカーノ&ルージュ組を破り、準決勝ではエクトール・ガルサ&アンヘル・デ・プラタ組に勝利。

決勝戦はミスティコ&アンヘル・デ・オロ組vs裕次郎&OKUMURA組となり、最後は裕次郎&OKUMURA組が優勝をかっさらってみせた。

Revista_400 大会から3日後、28日発売の雑誌では裕次郎&OKUMURA組の優勝が表紙を飾っていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライガー、CMLL世界ヘビー級王座奪取はならず

年間最大ビッグショー「アニベルサリオ76」から1週間後の9・25金曜定期戦アレナ・メヒコ大会で、獣神サンダー・ライガーがCMLL世界ヘビー級王座に挑戦した。

メインでおこわれたタイトルマッチ、まずは王者のウルティモ・ゲレーロがジャベでのギブアップ勝ちで1本を先制。

2本目にはライガーの垂直落下式ブレーンバスターが爆発し、挑戦者がイーブンに戻してみせた。ピンフォールの瞬間、ライガーの脚はロープに乗せられていたが、レフェリーが気づかずライガーの3カウント獲得が宣告された。

そして迎えた決勝の3本目、こんどはゲレーロがゲレーロスペシャル(雪崩仕切りバースブレーンバスター)からライガーに覆いかぶさる。ゲレーロは先ほどのお返しとばかりに脚をロープにかけ全体重をライガーに乗せると、挑戦者が返せず3カウント。ゲレーロが王座防衛に成功した。

ライガーは試合後、記者団に向かい近い将来のメキシコカムバックをアピール。ゲレーロとの再戦を要求した。

ライガーは28日のプエブラ大会で、タイガーマスクからミスティコの手に渡ったIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマックダウン&ECW マドリッド公演

ロウブランドが中南米ツアーを開催すれば、同時期にスマックダウン&ECWブランドはスペイン&フランスへ。

9月24日にはスペインのマドリッドで試合がおこなわれた。

おもな結果は以下。

クリスチャン&ゴールダスト組がウイリアム・リーガル&エゼキエル・ジャクソン組に勝利。クリスチャンがリーガルをフォールした。

ケインがチョークスラムでマット・ハーディーから3カウントをゲット。

インターコンチネンタル選手権試合は、ジョン・モリソンがドルフ・ジグラーを退けて王座防衛に成功。

ビッグショーがフィンレーにピンフォール勝ち。

バティースタがスピアーからクリス・ジェリコに勝利。

メインはジ・アンダーテイカーがCMパンクに不本意な反則勝ち。試合後、アンダーテイカーがチョークスラムからツームストーンパイルドライバーを決め、憂さを晴らした。

なお、観衆は8000人。

スペインでの試合はこの大会のみで、以後はフランスに移動。25日ニース公演、26日&27日パリ2公演が組まれている。

Wweinmadrid_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロウ・ブランドの中南米ツアー開幕

9月23日、WWEのロウ・ブランドがエルサルバドルのサンサルバドルにて中南米ツアーをスタートさせた。

4500人の観衆を集めたサンサルバドル公演のおもな試合結果は以下。

エヴァン・ボーン、マーク・ヘンリー、ジャック・スワガー、ミッキー・ジェームス、MVPが、チャボ・ゲレロ、クリス・マスターズ、プリモ・コロン、べス・フェニックス、ザ・ミズにそれぞれ勝利。

メインではジョン・シーナvsランディ・オートンのシングルマッチがおこなわれ、コーディ・ローデス、HHHが乱入。試合はタッグマッチに変更され、最後はシーナがオートンをフォールしてみせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NWEフランス・ツアー開幕戦

NWEのフランス遠征が9月24日、トゥールーズで開幕した。

おもな試合結果は以下。

ウルティモ・ドラゴンがフベントゥ・ゲレーラに勝利。

ジャングル・パック(PAC)がジョディ・フラッシュ、スペル・ノバとの3WAYマッチを制した。

メインは元WWEのミスター・アンダーソン(ミスター・ケネディ)がチャック・パルンボを破った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペロス新メンバー発表会見

ペロ・アグアヨJr率いるロス・ペロス・デル・マールが9月23日に会見を開き、新メンバーの参戦を発表。

元CMLLのリスマルクJr、元AAAのオリエンタル、AAAを電撃退団したばかりのチャーリー・マンソンがペロス入団となった。

会見はマンソン不在でおこなわれたが、この発表でAAA9・26アントニオ・ペーニャさんメモリアル興行への出場は完全になくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスティコvsライガーのIWGPジュニア戦が決定!

ミスティコvs獣神サンダー・ライガーのIWGPジュニアヘビー級選手権試合がついに決定。9・28プエブラでおこなわれることになった。

この日のミスティコとライガーはダブルヘッダー。グアダラハラでミスティコ&ショッカー&トスカーノ組vsライガー&裕次郎&テハノJr組の前哨戦を闘ってからプエブラに移動し、タイトルマッチで対戦するハードスケジュールだ。

なお、IWGPジュニア戦はメインイベントで、セミファイナルにウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&ブラック・ウォリアー&ミステル・ニエブラ組vsレイ・メンドーサJr&裕次郎&内藤哲也&OKUMURA組の8人タッグマッチが組まれている。

ライガーとミスティコがIWGPジュニアをかけて激突。ノンタイトル戦ではミスティコが勝っているが…Img_1757_400 Img_1175_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL9・21プエブラ メインでライガー組が勝利

9・20アレナ・コリセオでミスティコを破った獣神サンダー・ライガーがCMLLの9・21プエブラ大会でもミスティコと対戦した。

試合はライガー&裕次郎&OKUMURA組vsミスティコ&ブルー・パンテル&エクトール・ガルサ組で、日本軍が勝利している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーリー・マンソンがビッグマッチ直前で退団!

NOAHへの参戦経験もあるチャーリー・マンソンが9月23日、AAAを離脱した。

マンソンは9月26日にモンテレイで開催されるアントニオ・ペーニャさんメモリアル興行「HEROES INMORTALES Ⅲ」(エロエス・インモルタレス=不滅の英雄)で、チェスマンとの髪切りマッチ、カベジェラ・コントラ・カベジェラに出場することになっていたのだが…。

9・26のメインはどうなる!?

Tula 9・6トゥーラでのマンソンはタッグマッチでチェスマンと前哨戦。大流血をしいられていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NWEのフランス遠征

9月24日から10月3日まで、イタリアを拠点とするNWEがマルタ島を含む初のフランス・ツアーを開催する。

参戦メンバーはミスター・ケネディ、チャック・パルンボ、ウルティモ・ドラゴン、ビッグ・ヴィトー、フベントゥ・ゲレーラ、スペル・ノバ、PAC、ジョディ・フラッシュなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルク・ホーガンの新プロモーションに追加メンバー

今年11月、ハルク・ホーガンとエリック・ビショフがオーストラリアで開催する「ザ・ハルカマニア・ツアー」に、元WWEのハイデンライク、ビッグ・ダディ・Vが参加する。

Dscf0162_400 ハイデンライク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フベントゥ・ゲレーラがプロレス学校を設立へ

スペルエキスGPCWを旗揚げしたフベントゥ・ゲレーラがプロレス学校「スクールハードジュース」を設立すると発表した。

父のフエルサ・ゲレーラやソラール、ネグロ・ナバーロ、スカイデらがバックアップするという。

Schoolhardjuice_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライガーがミスティコにフォール勝ち!

ノンタイトルながら、獣神サンダー・ライガーとミスティコのシングルマッチが9・20アレナ・コリセオのメインで実現した。

試合はライガーが先制し、ミスティコがイーブンに戻す展開。決勝の3本目にはミスティコのスワントーンボムをしのいだライガーが垂直落下式ブレーンバスターを決め、3カウントをゲットしてみせた。メキシコでのIWGPジュニア王座奪回へ前進か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーガン、フレアーがオーストラリアツアー!

11月21日から28日にかけて、「ザ・ハルカマニア・ツアー」と銘打つサーキットがオーストラリアで開催される。

出場メンバーはハルク・ホーガンのほか、なんと、リック・フレアーも。

さらにブルータス・ビーフケーキ、ウマガ、ギャングレル、リキシ、ナスティ・ボーイズらの名前が挙がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスマルクJrがペロスへ移籍

リスマルクJrがCMLLを離れ、ペロ・アグアヨJr率いるロス・ペロス・デル・マールに移籍した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライガーがCMLL世界ヘビー級王座に挑戦!

9・18「アニベルサリオ76」のセミファイナルでウルティモ・ゲレーロをピンフォールした新日本の獣神サンダー・ライガーが、アレナ・メヒコでタイトルマッチをおこなうことが決定した。

ライガーは9・25アレナ・メヒコでウルティモ・ゲレーロの保持するCMLL世界ヘビー級王座に挑戦。しかもこの試合は、金曜定期戦のメインイベントとして実現する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペーニャさんメモリアル興行対戦カード決定

AAAが9月26日にモンテレイで開催するアントニオ・ペーニャさんメモリアル興行「エロエス・インモルタレスⅢ」の全対戦カードが決定した。

⑦カベジェラ・コントラ・カベジェラ チャーリー・マンソンvsチェスマン

⑥AAAメガ選手権試合 <王者>ドクトル・ワグナーJrvs<挑戦者>エル・メシアス

⑤バトルロイヤル ラ・パルカ、オクタゴン、シルバー・キング、エレクトロ・ショック、アラン・ストーン、エル・ソロ、ウルティモ・グラディアドール、鈴木健想、マルコ・コルレオーネ、ピンピネーラ、シベルネティコ、ダーク・オズ、X

④AAAクルーザー級王座決定戦 ジャック・エバンスvsテッド・ハートvsエクストリーム・タイガーvsスギvsロッキー・ロメロ

③金網マッチ グロンダ&エル・エレヒード&デクニス組vsグロンXXX&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組

②レイナ・デ・レイナ選手権試合 <王者>ファビー・アパッチェvs<挑戦者>アセクシー・スター ※ファビーにはアエロ・スター、セクシーにはビリー・ボーイがセコンドにつく

①ラレド・キッド&アトミック・ボーイ&アルヘニス組vsティト・サンタナ&リオ・ブラボー&ティグレ・コタ組

Cartel_monterrey_640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL年間最大ビッグショーの結果 ミスティコvsカサスのマスカラ・コントラ・カベジェラ ライガーがセミで激勝!

CMLLの創立76周年記念大会「アニベルサリオ」が9月18日、アレナ・メヒコで開催された。

セミでは獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也&OKUMURA組のカルテットが実現、ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&ブラック・ウォリアー&エクトール・ガルサ組と対戦した。

試合は内藤がジャーマンでガルサをフォールし、日本軍が先制。2本目にはガルサがムーンサルトプレスで内藤から3カウントを奪いイーブンにもっていった。

そして決勝の3本目、ライガーがゲレーロに垂直落下式ブレーンバスターを放ち、ピンフォールをゲット。試合後、ゲレーロは病院に運ばれた。

メインはミスティコvsネグロ・カサスのマスカラ・コントラ・カベジェラ。

ミスティコが先制すれば、カサスがカシータ(マヒストラル)で互角の勝負にもっていく。最後はミスティコがスワントーンボムからカサスをフォール。ミスティコがマスクを死守し、カサスの髪の毛を切ることに成功した。

なお、第1試合ではHIROKAが登場。アマポーラとのタッグでダーク・エンジェル&レディ・アパッチェ組と対戦した。試合はテクニカのエンジェル組が勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルチャファンフェスト 風香のカードが決定

9月26日にメキシコシティーのシルコボラドールで開催される「ルチャファンフェスト2009」の一部対戦カードが決定した。

このイベントには、獣神サンダー・ライガー、裕次郎、内藤哲也、OKUMURA、HIROKA、風香、闘牛・空の日本人選手が参戦。

風香はダーク・エンジェルとのタッグでプリンセサ・スヘイ&闘牛・空組と対戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWRG9・16ナウカルパン BUSHI(T28)がマスクをかけて金網へ!

9月16日、IWRGのナウカルパン大会で金網マスカラ・コントラ・マスカラがおこなわれ、BUSHIもマスクをかけて金網の中に入った。

試合はA&B両ブロックに分けられ、それぞれの敗者が一騎打ちをおこない、負けたほうがマスクを失う形式。

BUSHIはAブロックで、最後まで残ることなくエスケープ、マスクを守ることに成功した。

なお、Bブロックにピラタ・モルガンがエントリー。こちらもエスケープに成功している。

結局、6名ずつが参加した試合の最後は、アルレクイン・ロホとリゴが対戦。リゴが勝利し、ロホがマスクを剥がされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロス・ペロス9・16アレナ・ネサ

9月16日、ロス・ペロス・デル・マールがアレナ・ネサ大会を開催した。

クンフーJr&ウルトラマンJr組vsシコシス&イステリア組は、クンフーJr組の勝利。

メインではペロ・アグアヨJr&ダミアン666組がオリエンタル&ティニエブラスJr組を破った。最後はアグアヨJrが急所蹴りからティニエブラスJrをフォールしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL9・16グアダラハラ ライガーがゲレーロにフォール負け!

CMLLの9・16グアダラハラ大会のメインで、獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也組がブルー・パンテル&ウルティモ・ゲレーロ&ショッカー組と対戦した。

1本目を新日本軍がとれば、2本目にはメキシコ軍が取り返しイーブンにもっていく。そして迎えた決勝の3本目、ウルティモ・ゲレーロがゲレーロ・スペシャル(雪崩式リバースブレーンバスター)を決めると、ライガーが返せず。ゲレーロが9・11アレナ・メヒコのリベンジに成功し、2-1のスコアでメキシコ軍が勝利を奪った。

ライガーは9・20アレナ・コリセオで、ノンタイトルながらミスティコと一騎打ちをおこなう。翌日の9・21プエブラでもライガー&NO LIMITのトリオはメインに出場。こちらではミスティコ&ブルー・パンテル&エクトール・ガルサ組が相手。ライガーとミスティコは連戦だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL9・16アレナ・コリセオ 世界6人タッグ王座戦

9月16日”水曜日”のCMLLアレナ・コリセオ大会で、CMLL世界6人タッグ選手権試合がおこなわれた。

試合はエクトール・ガルサ&イホ・デル・ファンタスマ&ラ・マスカラの王者組が、アベルノ&メフィスト&エフェスト組を破り、王座防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シコデリコJrが解雇

WWEとディベロップメント契約をかわし、FCWで一軍昇格を狙っていたマスカラスファミリーのメキシコ人レスラー、シコデリコJrが解雇されたことが明らかになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の中南米ツアー主要カード決定

WWEロウ・ブランドが9月に開催する中南米ツアーの主要カードが決定した。

23日(水)エルサルバドル ジョン・シーナvsランディ・オートン、HHHvsコーディ・ローデス

24日(木)グアテマラ ジョン・シーナvsランディ・オートン、HHHvsコーディ・ローデス

25日(金)レオン、メキシコ 12人参加バトルロイヤル(HHH、ビッグショー、MVP、テッド・デビアス、コーディ・ローデス、カリート、マーク・ヘンリー、コフィ・キングストンほか)

26日(土)グアダラハラ、メキシコ HHHvsランディ・オートン、MVPvsビッグショー

Wwe_septiembre_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6人の日本人がCMLLコリセオ大会をジャック!

CMLLの9・13アレナ・コリセオ大会には、実に6人もの日本人レスラーが集結。メインでもライガー&NO LIMITが大暴れし、日本人のCMLLジャックを強烈に印象付けた。

第3試合ではHIROKA&下田美馬&プリンセサ・ブランカ組がダーク・エンジェル&マルセラ&ジュビア(サングレ・チカナの娘と告白)組と対戦。試合はエンジェル組のテクニカ軍が勝利した。

セミにはOKUMURAが出場。マキシモ&ストゥーカJr&バリエンテ組がドラゴン・ロホJr&サングレ・アステカ&OKUMURA組を破った。

獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也組がメインに登場、ミスティコ&ボラドールJr&ラ・ソンブラ組と対戦した。試合はライガーとミスティコがお互いのマスクに手をかけて大荒れ。最後はライガー組が勝利した。

既報の「ライガーvsミスティコ決定」は、この試合の結果を受けてCMLLが決定&発表したもの。9・20アレナ・コリセオでは当初、ライガーを含む6人タッグがラインナップされていたが、ライガーとミスティコの激しい闘いから急きょ変更されたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUSHIがIWRG6人タッグ王座挑戦

IWRGの9・13ナウカルパン大会で全日本から遠征中のBUSHI(T28)がチコ・チェ&エクソディアとのトリオでIWRGインターコンチネンタル6人タッグ王座に挑戦した。

試合はオフィシアル911&オフィシアルAK47&オフィシアル・フィエロの王者組が防衛に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライガーとミスティコが一騎打ちへ!

新日本プロレスからCMLLに遠征中の獣神サンダー・ライガーが、IWGPジュニアヘビー級王者のミスティコと一騎打ちをおこなうことになった。

シングルマッチが実現するのは、9・20アレナ・コリセオ大会。IWGPジュニアヘビー級戦へと発展するのか、注目の一戦だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWRG9・10ナウカルパン 東京愚連隊参戦

IWRGの9・10ナウカルパン大会に東京愚連隊が参戦した。

セミファイナルにNOSAWA論外がブラスフェミアと組んで登場。試合はボビー・リーJr&スイシーダ組が勝利した。

メインではMAZADA&ピラタ・モルガン組が、スコルピオJr&アンへリコ組を破っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL9・11アレナ・メヒコ ライガー&NOLIMITが初陣を飾る!

CMLLの9・11アレナ・メヒコ金曜定期戦に獣神サンダー・ライガーが登場、NOLIMIT(裕次郎&内藤哲也)とのトリオでいきなりメインに登場した。

ライガー組が対戦したのは、ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&ブラック・ウォリアー組だった。

試合は、ライガーの垂直落下式ブレーンバスターがゲレーロを捕え、NOLIMITが連係でウォリアーをフォールし、新日本軍が先制に成功。

2本目にはウォリアーが裕次郎を丸め込み、アトランティスがアトランティーダで内藤をギブアップさせ、メキシコ軍がイーブンに持ち込む。

そして決勝の3本目、ライガーがゲレーロの急所攻撃から押さえ込み、3カウントをゲット。2-1で新日本軍が勝利したうえ、外敵としても強烈なインパクトを残してみせた。

ライガー&裕次郎&内藤組は9・13アレナ・コリセオでもメインに出場。ローカル大会でもメインでの試合がつづくことになっている。

Img_1722_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライガー&NO LIMITでメイン独占!

獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也の新日本トリオが、CMLLのメインイベントを独占する。

9・11アレナ・メヒコでの金曜定期戦を皮切りに、地方大会でもこの3人のカードがメインに組まれたのだ。

CMLLが発表したカードは以下。

9・11アレナ・メヒコ アトランティス&ウルティモ・ゲレーロ&ブラック・ウォリアー組vs獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也組

9・13アレナ・コリセオ ミスティコ&ボラドールJr&ラ・ソンブラ組vs獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也組

9・14プエブラ ミスティコ&ブルー・パンテル&エクトール・ガルサ組vs獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也組

9・16グアダラハラ ウルティモ・ゲレーロ&ブルー・パンテル&ショッカー組vs獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也組

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-LAW9・8トゥランシンゴ KAIとBUSHIが対戦

X-LAWの9・8トゥランシンゴ大会にて、メキシコ修行中のBUSHI(T28)と現地遠征中のKAIがリング上で再会した。

両者が対戦したのはBUSHI&ぺサディージャ組vsKAI&ラグデ組のタッグマッチで、試合はKAI組が勝利した。

メインでは地元出身のスペル・クレイジーがNOSAWA論外、ダミアン666を制してX-LAWジュニアヘビー級王座の防衛に成功した。

Img_3658_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAAペーニャさんメモリアル興行対戦カード決定 スギがタイトル挑戦!

AAAの創始者アントニオ・ペーニャさんを偲ぶ大会が9月26日、モンテレイで開催される。

全対戦カードは以下。

①アルヘニス&アトミック・ボーイ&ラレド・キッド組vsリオ・ブラボー&ティグレ・コタ&ティト・サンタナ組

②デクニス&エル・エレヒード&グロンダ組vsグロンXXX&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組

③AAAクルーザー級選手権試合5WAYマッチ <王者>エクストリーム・タイガーvsスギvsジャック・エバンスvsテッド・ハートvsロッキー・ロメロ

④ブルテリーマッチ ファビー・アパッチェvsセクシー・スター

⑤アントニオ・ペーニャ杯争奪戦 <出場選手>ラ・パルカ、オクタゴン、シベルネティコ、マルコ・コルレオーネ、ピンピネーラ、シルバー・キング、エレクトロ・ショック、アラン・ストーン、エル・ソロ、ウルティモ・グラディアドール、鈴木健想、ダーク・オズ、?

⑥AAAメガ選手権試合 <王者>ドクトル・ワグナーJrvs<挑戦者>エル・メシアス

⑦カベジェラ・コントラ・カベジェラ チャーリー・マンソンvsチェスマン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL9・6グアダラハラ NWA世界ミドル級王座戦

CMLLの9・6グアダラハラ大会でアベルノvsブルー・パンテルのNWA世界ミドル級選手権試合がおこなわれた。

試合は1-1で迎えた3本目、挑戦者パンテルのワキ固めがガッチリ決まり、王者のアベルノがギブアップの意思表示。いったんはレフェリーが王座の移動を宣告した。

ところが、タイトル奪取に喜ぶパンテルを尻目に、アベルノの脚がロープから先に出ていたことが発覚。急きょ、試合再開となった。

結局最後は、アベルノがワキ固めをやり返して王座防衛に成功となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAA9・6トゥーラ大会 ミックストタッグ王座が移動

AAAの9・6トゥーラ大会、おもな試合結果。

ガト・エベレディ&マリー・アパッチェ&ピンピネーラ&オクタゴンシート組vsデクニス&セクシー・スター&ポルボ・デ・エストレージャス&ミニ・アビスモ・ネグロ組の男女ミニオカマ混合8人タッグマッチは、男子のデクニスが相手のお株を奪うみちのくドライバーⅡで女子のマリーをピンフォール。

AAAミックストタッグ選手権試合は、アエロ・スター&ファビー・アパッチェ組がオリエンタル&シンティア・モレノ組を破り新王者となった。試合は、セクシー・スターが乱入しファビーを襲撃するも、イス攻撃がシンティアに誤爆。ここからファビーが押さえ込んで王座奪取に成功した。

なお、オリエンタルのAAA退団&フリー転向がAAAから発表された。

”グロンダ対決”となったセミの6人タッグマッチでは、グロンXXX&ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組がエル・エレヒード&グロンダ&ジャック・エバンス組に勝利。しかし、グロンダ同士はあまり絡まず。決着は次回以降に持越しとなった。

メインはエル・メシアス&ラ・パルカ&マルコ・コルレオーネ&エクストリーム・タイガー組vsドクトル・ワグナーJr&シルバー・キング&エレクトロ・ショック&ウルティモ・グラディアドール組で、メシアス組が勝利している。

次回TVマッチは、9・18プエブラ大会。

_f2p4388_400 ファビー組が王座奪取

_f2p4504_400_2 グロンダ対決がスタート(写真提供AAA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライガー&NO LIMITでアレナ・メヒコのメインへ!

新日本の獣神サンダー・ライガーがメキシコ遠征中のNO LIMIT(裕次郎&内藤哲也組)と合体、CMLLのアレナ・メヒコ金曜定期戦でメインに登場する。

ライガー&裕次郎&内藤組が対戦するのは、ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&ブラック・ウォリアー組。

ライガー組は、9月13日のアレナ・コリセオでもメインに出場。こちらではミスティコ&ボラドールJr&ラ・ソンブラ組と対戦することになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAIとNOSAWAがサンファン・パンティトラン参戦

9月4日に開催されたアレナ・サンファン・パンティトランの大会に、全日本から遠征中のKAIとNOSAWA論外が参戦した。

両者はメインの8人タッグで激突。KAI&スタルマン&スペル・ブラソ&スペル・ムニェコ組が、NOSAWA&ドクトル・エキス&アルカンヘル&ピエルコ&エル・ボリクア組を破っている。

9月10日のIWRGナウカルパン大会では、NOSAWA&MAZADA組がボビー・リーJr&スイシーダ組とセミで対戦、BUSHI(T28)も6人タッグで第2試合に出場する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL9・4アレナ・メヒコ ミスティコvsネグロ・カサス

CMLLの9・4アレナ・メヒコ金曜定期戦において、ミスティコとネグロ・カサスがメインでシングルマッチをおこなった。

1本目はミスティコがカサスを押さえ込んで先制。2本目には劣勢となったカサスサイドからフェリーノとミステル・ニエブラが乱入。これが反則をとられ、ミスティコが2-0のストレート勝ちとなった。

マスクを引き裂かれたミスティコはカサスの頭にゴミ箱を被せて攻撃。裁定が下ったあとも大荒れとなった。

ミスティコとカサスは8・30アレナ・コリセオでIWGPジュニアヘビー級王座をかけて激突。中4日開けてのシングルもミスティコが勝ちを拾ったことになる。

両者は9・18「アニベルサリオ76」でマスクと髪の毛をかけて再戦。「マスクを失うようなら引退する」とミスティコはコメントしているが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裕次郎とショッカーが一騎打ちへ!

CMLLで抗争中の裕次郎(新日本プロレス)とショッカーが、9・7プエブラ大会で一騎打ちをおこなう。この試合はメインイベントにラインナップされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL8・31プエブラ CMLL世界6人タッグ戦

CMLLの8・31プエブラ大会にてエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマ組がネグロ・カサス&フェリーノ&ミステル・ニエブラ組を破り、CMLL世界6人タッグ王座の防衛に成功した。

カサスは前日のIWGPジュニアヘビー級戦につづき、タイトルマッチで連日の敗退となってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスティコがIWGPジュニア王座V1!

CMLLの8・30アレナ・コリセオ大会のメインイベントにてIWGPジュニアヘビー級選手権試合がおこなわれ、第57代王者のミスティコがネグロ・カサスを破り、初防衛に成功した。

両者は年間最大ビッグショー、9・18「アニベルサリオ」にて、再戦。マスカラ・コントラ・カベジェラでの一騎打ちがすでに決定している。

カサスは90年12月、浜松アリーナでのライガー、91年12月、名古屋での保永昇男以来の挑戦。ミスティコは99年のフベントゥ・ゲレーラ、シコシス(暫定王者)以来のIWGPジュニア、メキシコ人王者だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京愚連隊がIWRG&X-LAW参戦

東京愚連隊のNOSAWA論外&MAZADAが9月6日、IWRGのナウカルパン大会に参戦する。この大会には全日本のKAIも出場し、日本人同士ということでルードサイドに組み込まれた。

IWRGが発表した対戦カードは、フェルサ・ゲレーラ&フベントゥ・ゲレーラ&ボビー・リーJr&ペンドゥーロ&スイシーダ組vsベネノ&グリンゴ・ロコ&NOSAWA論外&MAZADA組。

現地遠征中のBUSHIはチコ・チェ&リゴとのトリオで、オフィシアル911&オフィシアルAK47&オフィシアル・フィエロ組と対戦。BUSHI(T28)とKAIが再会か?

また、9月8日にはトゥランシンゴにておこなわれるX-LAWの大会に参戦。

スペル・クレイジーのX-LAWジュニアヘビー級王座にNOSAWA論外とダミアン666が3WAYマッチで挑戦する。また、KAIはぺサディージャとのシングルマッチが組まれた。

Xlaw_tulancingo クレイジーのホームタウンでおこなわれるX-LAWのポスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWRGスコルピオJr25周年記念試合

IWRGの8・27ナウカルパン大会でスコルピオJrの25周年記念マッチがおこなわれた。

病気による長期欠場からカムバックしたスコルピオJrはビジャノⅢとのコンビでメインに登場、ヘッドハンターⅠ&サングレ・チカナ組と対戦した。

試合には敗れたものの、奇跡のカムバックを遂げたスコルピオJrには大きな拍手が送られたという。

この大会には全日本から遠征中のBUSHI(T28)も参戦。6人タッグで勝利を飾っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メキシコで奮闘する日本人レスラー

CMLLのOKUMURAと新日本プロレスのNO LIMIT(裕次郎&内藤哲也)が、8月27日の朝日新聞夕刊で紹介された。

Paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アントニオ・ペーニャさんメモリアル興行決定

AAAの産みの親、アントニオ・ペーニャさんのメモリアル興行が9月26日、モンテレイで開催されることが決定した。

メインではドクトル・ワグナーJrvsエル・メシアスのAAAメガ選手権試合が予定されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL8・28アレナ・メヒコ結果

CMLLの8・28アレナ・メヒコ、金曜定期戦は大荒れ。セミとメインが乱入で終わるというめずらしい決着になった。

セミではウルティモ・ゲレーロ&ブルー・パンテル&ブラック・ウォリアーがテクニコとヒールの壁を超越してトリオを結成。対するはレイ・メンドーサJr&NO LIMIT(裕次郎&内藤哲也)組。NO LIMITの暴れっぷりが混成チームを作り出したといえるだろう。

試合はOKUMURAの乱入でゲレーロ組の反則勝ち。遺恨深まる裕次郎とウォリアーはともに「カベジェラ戦」のポーズで決着戦をアピールした。

メインはミスティコ&ソンブラ&ボラドールJrの空中トリオがアトランティス&フェリーノ&ミステル・ニエブラ組と対戦する6人タッグマッチ。

3本目にネグロ・カサスが現れ、ミスティコを急襲。凶器で殴打したところを反則にとられ、ミスティコ組の勝利が宣告された。

これにより、次週(9・4アレナ・メヒコ)での一騎打ちが決定。両者は8・30アレナ・コリセオでもシングルが組まれている。こちらはミスティコの保持するIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチとしておこなわれるが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAA8・30トラネパントラ結果

AAAの8・30トラネパントラ大会のメインは、金網ルーザー・リーブ・タウン&AAAクルーザー級王座次期挑戦者決定戦で、6人のルチャドールが金網の中に入った。

この試合は、もっともはやく金網から脱出した選手がAAAクルーザー級王座の次期挑戦者となり、最後まで取り残されたものが追放されるというルールで、王者のアレックス・コスロフを含む6人が参加した。

脱出順…①エクストリーム・タイガー②テッド・ハート③ジャック・エバンス④スギ⑤ロッキー・ロメロ

金網のリング内に残されたのは8・21「ベラノ・デ・エスカンダロ」で王者になったばかりのコスロフだった。前王者のタイガーが挑戦権を得たものの、コスロフが追放となってしまった。タイトルはどうなるのか、現時点では明らかにされていない。

第4試合でおこなわれたエル・メシアスvsシベルネティコの一騎打ちは、両者KOの結末に。

第3試合では「ベラノ・デ・エスカンダロ」での金網マスカラ・コントラ・カベジェラで丸坊主にされたビリー・ボーイがかつら着用でリングへ。ビリーはセクシー・スターとの不倫コンビでアエロ・スター&ファビー・アパッチェ組と対戦。試合には勝ったが、かつらは剥ぎとられてしまった。

Billyboy 「ベラノ・デ・エスカンダロ」で髪の毛を切られるB・ボーイ(右)(写真提供AAA)

Tlanepantra

“日本人ルチャドール”スギは追放を免れた(写真提供AAA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AAA8・21「ベラノ・デ・エスカンダロ」結果

AAAが放つ真夏のビッグショー「ベラノ・デ・エスカンダロ」が8月21日、シウダマデロのセントロ・コンベンシオネスにて開催された。

おもな試合結果は以下。

鈴木健想と“日本人ルチャドール”スギがオリエンタルとの東洋トリオでオープニングマッチに出場、デビュー以来無敗のサイコサーカスと対戦した。試合はゾンビ・クラウンあらためモンスター・クラウンが健想をセントーンからフォールし勝利。

AAAクルーザー級選手権試合5WAYマッチは、アレックス・コスロフが王者のエクストリーム・タイガーを急所打ちから押さえ込み、第3代王者となった。

ジョー・リーダー&ニチョ・エル・ミジョナリオ組vsエル・エレヒード&グロンダ組のハードコアマッチは、AAAタッグ王者のリーダー組が勝利。試合後には“オリジナル”グロンダが登場し、“2代目”グロンダに襲いかかった。グロンダvsグロンダに発展しそうだ。

メインはドクトル・ワグナーJrvsシベルネティコvsエル・メシアスのAAAメガ選手権金網3WAYマッチ。最後はワグナーJrがみちのくドライバーⅡからメシアスをKOしてエスケープに成功、第4代王者のワグナーJrが初防衛に成功した。

Verano ワグナーJrとシベルが金網で激闘(写真提供AAA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMLL「アニベルサリオ76」全カード

現存する世界最古のプロレス団体CMLLが創立76周年を迎える。

9月18日、アレナ・メヒコで開催される創立記念大会「アニベルサリオ76」の全対戦が発表された。

⑥マスカラ・コントラ・カベジェラ、ミスティコvsネグロ・カサス

⑤ブラック・ウォリアー&エクトール・ガルサ&ショッカー&ウルティモ・ゲレーロ組vs獣神サンダー・ライガー&裕次郎&内藤哲也&OKUMURA組

④ラ・マスカラ&ソンブラ&ボラドールJrvsアベルノ&メフィスト&エフェスト組

③イホ・デル・ファンタスマ&マスカラ・ドラダ&サグラド組vsドラゴン・ロホJr&ミステリオッソJr&サングレ・アステカ組

②バンバン&エレクトリコ&ペケーニョ・オリンピコ組vsペケーニョ・ダミアン666&ペケーニョ・ウォリアー&ピエローシート組

①ダーク・エンジェル&レディ・アパッチェ組アマポーラ&HIROKA組

抗争を激化させている”IWGPジュニアヘビー級王者”ミスティコとネグロ・カサスがついにマスクと髪の毛をかけて一騎打ち。

CMLLで修行中のNO LIMIT(裕次郎&内藤哲也)がライガーとメキシコで合体。現地で5年間闘い続けているOKUMURAと組み、年間最大ビッグショーのセミファイナルに登場するのも画期的だ。

Mistico_y_casas 会見ではミスティコとカサスが調印式(写真提供CMLL)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年10月 »